歯科医療のTopics

 

最終更新日 2017/09/02 DscyOffice Top
当サイトの御利用上の注意  
    歯科医療のTopics2011 歯科医療のTopics2010
歯科医療のTopics2009 歯科医療のTopics2008 歯科医療のTopics2007 歯科医療のTopics2006
歯科医療のTopics2005 歯科医療のTopics2004 歯科医療のTopics2003-1 歯科医療のTopics2003-2
歯科医療のTopics2002 本日のワンポイント2002 歯科医療のTopics2001  
歯科医療の事件簿 患者情報の漏洩のTopics 医療事故のTopics 歯科機材・材料のTopics

このページの続きはこちらになります

★ 歯科医療のTopics2015

# 150929: 会計検査院調査
・ 全国4カ所の地方厚生局などで、実施されるべき「集団的個別指導」が未実施だったことが判明。会計検査院は「指導のばらつきは不適切」と改善を要望。
以下、会計検査院法第30条の2の規定に基づく報告書「医療費の適正化に向けた取組の実施状況について」平成27年9 月より
個別指導が不実施となっている医療機関等の選定事由別内訳(25年度)
・ 高点数個別医療機関: 1,711
・ 情報提供医療機関: 102
・ 再指導医療機関: 171
・ 指導拒否医療機関: 13
・ その他: 122
・ 計: 2,119
北海道、東京、神奈川、岐阜、愛知、兵庫、岡山、広島、福岡。
不実施の理由: 人員不足や他の業務で繁忙であったものが99%。
# 25年のレセプトの一次審査の査定率
・ 国保連合会0.191%
・ 支払基金 0.279%
※ 秋田、富山、宮城、岩手低いなぁ。高いところでは、福岡、沖縄、島根あたりか。
# 150905: 8月24日にでた、最低賃金審査会の答申によると、平成27年度の最低賃金の改定額は、全国加重平均で798円(前年度比+18円)。最高は東京都の907円、最低は鳥取県、高知県、宮崎県、沖縄県の693円。
# 150905: 経済産業省商務情報政策局ヘルスケア産業課によると、「薬局店頭における唾液による口腔内環境チェックの実施に係る取扱いは歯科医業にあたらず」とのこと。なお厚生労働大臣の確認はとれているそうです。
# 150905: 平成26年度の国民医療費は39兆9556億円(前年比+7000億円、+1.8%)と過去最高。一人あたりの医療費は75歳未満が211,000だったのに対して75歳以上は931,000円。全体の平均は314,000円。歯科は2兆8000億円。ジェネリック医薬品の割合は数量ベースで56.4%(前年比+8.4%)。
# 150905: 第25回歯科衛生士国家試験の施行予定【詳細
# 150905: 第36回全国歯科保健大会【日本歯科医師会】
# 150825: 平成28年度税制改正要望。厚生労働省は、医療機関への軽い病気の受診抑制を視野に、市販薬の購入に所得控除の優遇策を導入へ。購入金額から1万円を引いた金額を最高10万円を限度に控除という仕組みらしいが、どのような薬が対象になるのか?それと、使い方によっては脱税も懸念されるよねぇ。
# 150825: 受動喫煙と歯周病。東京医科歯科大学と国立がん研究センターによると、「男性は喫煙をしなくても受動喫煙によって歯周病になるリスクが3倍になる」。ただし、女性では相関関係は認められなかった。どうして、男女で違うんだ?
# 150818: 往診距離制限の緩和: 現在、原則として往診距離は16キロ以内とされているが、「患者が子どもで近くに対応できる医療施設がない」などの場合には認める方針へ。
# 150808: 厚生労働省告示: 医療事故が起きた医療機関の調査を支援する医療事故調査等支援団体として、歯科関係では「日本歯科医師会」「都道府県歯科医師会」を告示。なお、東京と京都の保険医協会も申し出をしたそうだが、「全国組織ではない」として認められなかったとのこと。それなら都道府県歯科医師会はどうなんだ?
# 150721: 長野刑務所で歯痛を訴えた受刑者が約5カ月間治療が受けられなかったとして、長野県弁護士会は人権侵害として処遇改善の勧告。
# 150717: 厚生労働省と総務省は、「クラウド時代の医療ICTのあり方に関する懇談会」で、神戸市で薬剤師会と連携して、電子お薬手帳「harmo(ハルモ)」導入に向けた試験的サービスを開始したことを報告。
# 150713: 厚生労働省は平成28年4月をめどに、「訪問診療専門の医療機関」の開設を認める方針。問題は開設要件で、「事務員の配置」「施設毎に担当地域を決める」などがあるようだ。
# 150624: 日本大学の口腔細菌学講座の研究によると「口の中の細菌には、タミフルなどの抗ウイルス薬を効きにくくしたり、ウイルスの増殖を助けたりするもの」があり、口腔ケアを怠るとインフルエンザにかかりやすい可能性を指摘。
# 150612: 兵庫医大の研究によると、神戸市内の管楽器演奏者184人の34.8%の学生が顎関節症状を有し、一般の平均値の5〜12%を大きく上回ることが判明。対策としては「適度な休憩」「効率的な練習」などを推奨。
# 150601: 昭和大学歯学部に「歯科治療の完全デジタル化を実現するためのデジタルラボ」が開設された。
# 150502: 「歯科医師向けのオンライン動画学習Webサイト」を(株)Doctorbookが開設。 https://academy.doctorbook.jp
・ 内容は、明海大学と朝日大学が実施している臨床歯科医を対象とした生涯研修プログラム。
# 150430: 65歳以上の介護保険料は4月から全国平均で5,514円と2012年〜14年の4,972円から542円UP。最高は8,686円で最低は2,800円。10年後の2025年度には8,165円まで上昇の推計。
# 150416: 医療現場でよく使われる「アセトアミノフェン」は薬局売っている風邪薬にも含まれていますが、米オハイオ州立大学の研究チームの研究によると、アセトアミノフェンに「喜びの感情を弱めるなど、感情の幅を狭める効果があること」が判明。
# 150330: 神奈川県横須賀市の神奈川歯科大学の投資による巨額損失訴訟で、東京地裁は請求通り12億5千万円の賠償命令。裁判所の判断「投資の危険性を十分認識すべき注意義務に違反した」。
# 150328: 秋田県北秋田市で歯科医院が全焼。けが人は無し。
# 150303: 国保組合への定率国庫補助(32%)を、所得区分により13%まで削減へ。
※ 報道によると、そもそも「国保組合」は1948年に、市町村における国保運営が難しい地域に限定して職域単位での設立が認められたそうで、現在は164組合(約302万人)が加入しているそうです。2014年度の補助金総額は2984億円。
※ 平均所得が150万円未満の組合は32%を維持し、所得が10万円高くなるごとに2%ずつ削減。240万円以上は13%となる。
※ まぁ、これは所得の高い医師国保などを狙い撃ちしたシステムでこれによる補助金の削減幅は110億円で2/3の組合は32%のままらしい。
# 150303: 厚生年金の加入逃れが約80万社にのぼり、厚生労働省は指導強化へ。
# 150303: 厚生労働省所管で平成26年6月に成立した法律の条文に誤りが見つかった。誤字ではないですが、条文を読むと「?」というのはたまに見つかりますねぇ。たとえば、労働安全衛生法?の職員の健康診断の下りとか。
# 150303: 厚生労働省によると平成26年9月の調剤費は前年同月比+6.6%(5,822億円)で、処方箋1枚あたりでは前年同月比-0.2%(8,843円)。後発医薬品のシェアは56.1%で金額ベースで+27.4%。
# 150303: 米国歯科医師会が人工関節使用患者への歯科治療前の抗菌薬の予防投与のガイドラインの改訂版を発表。詳細はこちら
# 150217: 日大の口腔細菌学の落合教授等の研究チームによると、口腔内の衛生状態がよくないと、インフルエンザの治療薬の効果が落ちる可能性があるとのこと。「プラークに含まれる二種類の細菌がインフルエンザウィルスの表面の酵素であるノイラミニダーゼ(NA)を作りだしウィルスの増殖を助長する。」
# 150204: 日歯連盟が2013年に支出した政治資金のうち特定候補の後援会に合計9500万円が渡っていたという。政治団体間の寄付は年間5000万円までされておりこれを超えているが、その手法として5000万円分を他の政治団体に寄付し、そこから迂回寄付の形をとっていたそうだ。だた、聞くところによるとこういった手法は違法ではないとの話も聞く。しかしながら、違う政党の政治団体?を迂回する手法にはちょっと疑問もあり、透明性という意味でも疑問が無くはない。それと、違法ではないというのは政治資金規正法の文言上の問題であろう。しかし、法の趣旨からするといかがなものだろうか?たとえば、駐車場を備えたスーパーの前の道路が駐車禁止では無いとしてクルマを駐めるようなもので、あまり好ましい行為とは言いがたい。
 裏事情としては、何故この時期に報道されたか?という疑問もあるようだが、それはそれで??!!だろう。
# 150203: 平成25年度の国民健康保険の財政状況は約3139億円の赤字で、赤字幅は前年度比約85億円の増加。保険料の収納率は90.42%(前年度比+0.55%)。後期高齢者医療制度は約457億円の黒字で前年度比178億円の増加。
# 150123: 帝国データバンクによると、2014年度の医療機関の倒産は29件(病院5件、医科診療所9件、歯科診療所15件)と、半数以上を歯科医院が占める。15件は2000年以降、2009年と2012年に並び最高。8割以上が破産。
# 150109: 長野県軽井沢町のホテルでケーキのモンブランからブリッジが出てきた。また昨年9月に北海道釧路市のファストフード店のハンバーガーから、歯のような異物が出てきた。
※ 実態が解らないので軽々に判断するのは難しいが、いろんな話では食べた人の口腔内の詰め物などがとれて混入した可能性も考える必要があります。

★ 歯科医療のTopics2014

# 141213: 厚生労働省の「医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会」の中間まとめによると、「医療分野の個人情報は、病歴や服役の履歴、健康状態など、第三者に知られたくない情報が多いため、目で見ても分からないようにICチップなどで電磁的符号を用いるのが望ましい」「保険者が医療分野の番号に紐付けせずに、オンラインで医療保険の資格確認ができるよう、インフラ活用を進めるように」と、提言。
# 141121: (株)ライオンが「分岐鎖脂肪酸が抗炎症成分の吸収を促進することを確認した。」と発表。歯磨剤の薬効成分の吸収促進に効果。
・ 分岐鎖脂肪酸「イソステアリン酸」が抗炎症成分の吸収促進作用を示すことを発見した。さらに詳しく調べたところ、「イソステアリン酸」は口腔粘膜のリン脂質二重膜を流動化し、外から成分を吸収しやすい環境にする効果を持つことがわかったという。
# 141031: ビスホスホネート(BP)製剤投与患者の顎骨壊死にBP剤以外の新たな要因か?【MTPro
# 141028: 医師・歯科医師などの現況届: 歯科医院においては、「歯科医師」等の資格を有するものは2年に一度の現況届をする必要があります。忘れないで届け出をしましょう。届け出用紙は厚生労働省のサイトでDownloadすることができます。【厚生労働省
# 141009: 厚生労働省の調査によると、薬剤性アナフィラキシーの原因薬剤はNSAIDが最多。
# 141007: 高額なカルテ開示手数料に指導: まぁ、病院が中心ですが、中には5000円や10000円というケースがあって問題視されているようです。文部科学省が8月に調査した大学病院で16病院が5000円、6病院が3000円でコピー代1枚が40〜50円というのが問題視されているみたい。
# 141003: 厚生労働省によると、平成25年の「健康寿命(介護の必要がなく健康的に生活できる期間)」は男71.19歳、女74.21歳。
# 141001: 日医の石川理事は1日の記者会見で、「個人番号カードに健康保険証の機能を加える」ことに日医として反対を表明。
# 140926: ロキソプロフェンナトリウム水和物のパブリックコメント: ロキソプロフェンナトリウム水和物のリスク区分を指定第2類に変更するパブリックコメントの募集が出ています。【厚生労働省: パブリックコメント
※ ロキソプロフェンナトリウム水和物はたしか3年前から市販されていると思いますが事後調査かな?それよりも、数年前に関東地方の歯科医療機関でロキソニンの服用による死亡事故がおきていますが、そういった薬を処方箋無しに市販してよろしいのかと、ふと疑問。
# 140926: 平成26年医療施設静態調査: 10月1日(水)において開設しているすべての病院や診療所が対象で、調査用紙はすでに到着しています。もし、届いていないという医療機関がありましたら、もよりの保健所におたずねください。
# 140911: 九州歯科大学と北九州市立大学が再生した歯周組織を歯周病治療に利用する新たな治療技術の確立に乗り出す。
# 140908: 埼玉県新座市の歯科医院で平成22年に治療中の2才の幼児が死亡した件で検察側は罰金100万円の求刑。
# 140819: 厚生労働省は国保組合への補助率を引き下げへ。国保組合は164組合で計約300万人の組合員がいるが、現状では医療費の32%分(約2000億円)の定率補助と、財政力の弱い組合に約1000億円の補助金を支出しているが、今後は定率補助を削減の方針。
# 140812: 平成26年患者調査
・ 3年毎に行われる患者調査が行われます。
・ 調査日(歯科診療所): 平成26年10月21日(火)、22日(水)、24日(金)の3日間のうち、診療所ごとに指定した1日とします。
・ 調査対象: 全国の医療施設を利用する患者を対象として、層化無作為に抽出した医療施設(病院:約6,400施設、一般診療所:約6,000施設、歯科診療所:約1,300施設)を利用した患者について調査を行います。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/soshiki/toukei/tp140701-01.html
# 140812: 平成26年度厚生労働省医官の採用情報
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/saiyou/ikei/pages/info01.html
・ 小論文課題2題
1 あなたは200年前の江戸の町に住む医師です(あなたは御典医でなく、町医者です)。数日前から近隣で、腹痛を訴え、下痢を起こしている人々が徐々に増えているようです。
当時の生活環境を踏まえ、この事態に対応するために、当時入手できる資源、資材等を用いて、最も効果的と思われる対策を、理由と併せ、3つ挙げて下さい。
※ 歯科医師も同じ題材か?ちょっと不利かな。
# 140812: 平成26年医療施設静態調査
http://www.mhlw.go.jp/toukei/oshirase/140627.html
・ 3年毎に行われる「医療施設静態調査」を実施
・ 調査日: 平成26年10月1日(水)
・ 調査対象: 平成26年10月1日(水)午前零時現在において開設している、すべての病院・診療所。
# 140812: 介護職の離職率: 「介護労働安定センター」の発表によると、2013年度の介護職員の離職率は16.6%(前年度比−0.4%)と2年ぶりに減少。ちなみに全産業平均は14.8%(2012年)。職員の平均給与は21万2972円(前年度比+1072円)。
※ 歯科医療関係の数字はどんなもんなんだろう?
# 140719: パスカル薬局の横井氏らが、「調剤MEDIASデータ(調剤医療費のデータベース)」を分析した結果、「医薬分業が進むほど1日当たりの内服薬の薬剤料は減少する」ことが明らかになったそうだ。カナダの学術誌「グローバルジャーナルオブヘルスサイエンス」7月号に掲載。
# 140704: 医療機関内における携帯電話の利用の新基準
今まで、医療機関内における携帯電話の使用については、ほぼ全面的にダメという考え方が主流だったが、この度電波環境協議会は新たな基準を出すようです。
 そのポイントは、「待合室での使用はOK」「病室では音声通話は不可(マナーの面でしょね)だが、Web閲覧やメールはOK」。「診療室では携帯電話の使用は差し控えることがが望ましいが、電源を切る必要はない。」「携帯電話と医療機器は1m程度離すこと。」「手術室やICUでは原則電源をきる。」
# 140527: 政府の規制改革会議は、混合診療において、「患者と医師の合意」を前提に拡大するよう提言。とは言っても「先進医療」の枠を広げるってことなんでしょうけどね。でも厚生労働省の指定がなくても合意があれば行えるってことなんでしょうね。インプラントなどにも波及するのかな?
# 140519: 歯科医療機器の滅菌: 国立感染症研究所などの調査によると、「特定」の県の歯科医療機関を調査したところ、適切な滅菌を行っていない医療機関は7割にものぼる。また、B型肝炎ワクチンを接種している歯科医は約6割しかおらず、患者の血液や唾液の飛散から防護する眼鏡やマスクの着用も徹底されていないそうだ。
# 140515: 後発医薬品品質情報
# 140502: 厚生労働省の検体測定室ガイドラインによると、「ワンコイン健診」といった表示も「広告規制」の対象になる。自己採血や、事業者による検査結果の通知などは「医業」には該当しない。
# 140411: 医系技官の求人情報: 厚生労働省から求人情報が出ています。
# 140407: 日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は正常値の新基準を作成。
・ 血圧: 147/94mmHg(現状は129/84mmHg)
・ BMI(肥満度): 男27.7・女26.1(現状は25)
・ 中性脂肪: 男198(現状は149)
・ LDLコレステレロール(悪玉): 男72〜178(現状60〜119)、女73〜183(46〜64才)
# 140322: 基礎年金の保険料納付の延長を検討: 厚生労働省は現在20〜59才まで納付とされている基礎年金の保険料納付を64才まで5年間延長する方針で検討。納付期間が長くなればもらえる年金額もそれ相応に増えるらしいですけどね。
# 140315: 平成26年3月5日の平成26年度診療報酬改定説明会で厚生労働省は、一般名処方の医薬品で後発品を調剤しなかった場合に「その理由を調剤報酬明細書の摘要欄に記載する」ことを求めた。統計では一般名処方中、後発医薬品が出されているのは約6割で、原則的には一般名処方の場合には、後発医薬品を調剤する必要があるそうだ。
# 140304: 厚生労働省によると2012年の生活保護費の不正受給は全国で41,909件、金額にして約191億円。報道によると、罰金の上限が30万円から100万円に引き上げられるそうだが、不正の内訳は、収入があるのに申告しない46.9%、年金の無申告20.8%、収入の過少申告10.6%で、1件あたりの不正額は約46万円。
# 140221: 国民年金基金の掛金が新規加入者について平成26年4月から7%程度(40才男性)値上げ。また新規加入者の予定利回りも1.75%から1.5%に下がる。
# 140219: 厚生労働省はすべての病院に「明細付き領収書」の発行を義務づけへ。2015年からレセプトの電子請求が例外を除いて義務づけとなり、事実上発行が義務づけられるといっても良いが、「義務づけになる」と「義務づけにする」という姿勢の違いか?
# 140219: 政府の規制改革会議の分科会によると、医師や歯科医師以外にも医療法人の理事長が付きやすくすべきだとの意見を盛り込む方針。ただ、厚生労働省は否定的とか。
# 140219: ライオン発表によるオーラルケア意識調査
・ 70才での残存歯数: 日本16.5本、スウェーデン21本。
・ オーラル用品の購入金額(年間): 日本4965円、アメリカ8354円、スウェーデン8415円。
・ 最近の1年間で歯の健康診断を受けた回数: 日本では受けていないの57.5%が最多、アメリカでは2回が34.9%で最多、スウェーデンでは1回の57.1%が最多。
・ 日本での予防歯科の認知度は20.9%。アメリカやスウェーデンでは約6割。
※ これは、日本の歯科医療が保険制度に拘束されているのも一つの原因でしょうねぇ。
# 140214: 処方箋の電子メールでの送信可: 現在でも、処方箋をFaxで事前に薬局に送信していることは認められていますが、処方箋をスキャンした画像を電子メールに添付して送ることも認められるもよう。
# 140212: 新潟県歯科医師会は身元確認などを目的に、「歯科情報の規格統一」を推進。
# 140131: 厚生労働省によると、2012年度の国民健康保険の実質収支が3,055億円の赤字。国民健康保険料の納付率は89.86%(前年度比+0.47%)。赤字の保険者の割合は47.7%。保険料の滞納世帯割合は約18%。

★ 歯科医療のTopics2013

# 131218: 日本スポーツ振興センターによると、学校で3本以上の歯がかけて「障害見舞金」が支給されたのは2007〜2011年度で534人にのぼるとのこと。
# 131127: OECDは図表で見る医療2013年版(Health at a Glance 2013)」を発表。加えて、日本に対して、「医療制度の効率性を高める必要がある」との注文。加盟国中ここ数年で一人あたりの医療費が大きく伸びているのは日本とイスラエルだけだそうだ。
# 131111: 政府の「成長戦略を議論する産業競争力会議の医療・介護分野の分科会」で厚生労働省は「病院や診療所を経営する医療法人の統合を促す策として、2014年中に非営利の持ち株会社の設立について方向性をまとめる」と表明。
# 131111: 山口県内の歯科医師が結核を発症。2ヶ月間で約280人を診療。
# 131106: 医療機関の収支は改善: 厚生労働省の「医療経済実態調査」、8日の中医協で公表されるようですが、病院、診療所とも前年度に比べて改善が著名らしい。これは来年の診療報酬改定にも影響するでしょうから、保険点数は良くて据え置き、消費税のアップ分も合わせて、ムニャムニャといった改定になりそうです。
# 131028: 米国心臓協会が、「歯周病が心疾患や脳卒中を引き起こすとは証明されていない」との声明を出した。米国歯科医師会と世界心臓連合はこの声明を支持。
# 131023: 中医協総会で、来春に省令の改正により「医療機関の紹介料支払い」を禁じる方針。今回の調査では20施設で紹介料の支払いが確認され、内歯科は7ヶ所で診療報酬の10〜15%が紹介料として業者に支払われていたとのこと。
# 130928: 松風は京都府内の工場敷地内に子会社の昭研を新築移転し、松風S−Wave CAD/CAM加工センター(仮称)を設立し、CAD/CAMを利用した歯科技工物の作製事業を開始。
# 130928: 総務省などが調査した結果、AEDの保守が適切に行われておらず、緊急時にAEDが作動しないケースが多く発生していることをうけて、厚生労働省は都道府県に対してAEDの適切な管理についての通知を発出。
# 130917: 健保連によると、平成24年度の健保組合の計上収支は約3000億円の赤字の模様。【詳細
# 130913: 三重県の「県口腔保健支援センター」が開所。「学校歯科検診」「大規模災害時の被災者の口腔ケア」など歯科医療への対応を一元化。
# 130913: 千葉県衛生士会が「かむ子・のびる子・元気な子料理コンクール」で「よくかんで食べる子ども向け弁当のレシピ」を募集。
# 130913: 昨日の日歯の会合に安倍総理が来たそうですが、その中で「4月にロシアに行った時に歯痛で治療を受けたが高かった。やっぱり日本の皆保険は素晴らしい。誰でも高度な医療を受けることができる制度を断固として維持していかなければならない。」と述べたそうだ。
# 130910: ビッグデータの提供: docomoでは、携帯電話データの「基地局情報、性別、年齢、おおまかな住所」などのビッグデータの企業への販売を開始するようですが、これに同意できない場合には「151」へ電話することにより、データの提供の除外の申し出が可能です。
# 130909: Minds:医療情報サービスから『抗血栓薬服用者の抜歯』の医療提供者向け診療ガイドラインが公開されています。http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0155/G0000564/0001
# 130909: 厚生労働省によると、平成26年度から市町村国保の保険料の上限額を引き上げの方針。現行の65万円を引き上げて、低所得者の5割軽減と2割軽減の対象者は拡大。
# 130906: 厚生労働省は全保険者が「先発医薬品を後発医薬品に置き換えた場合の差額通知」の文書を発行する必要経費の半額補助として平成26年度予算に15億5500万円を計上。
# 130906: 厚生労働省によると、平成25年6月末で全国で生活保護を受給している世帯数が過去最多になったとのこと。158万3308世帯で5月末比で+1242。
# 130906: 厚生労働省によると、東日本大震災で被害をうけた医療機関に支払う診療報酬の特例措置の期限が9月までとなっていましたが、平成26年3月まで6カ月延長することを決定。
・ 震災の影響で看護師が不足し配置基準を満たさなくなっても、震災前と同じ入院基本料などを請求できる。
・ 対象医療機関は平成25年7月1日の時点で37医療機関(岩手県:14、宮城県:13、福島県:9、山形県:1)
# 130905: 飲みかけのペットボトルに注意
フジテレビのニュースJAPANの実験によると
・ 「麦茶」「スポーツドリンク」「コーヒー牛乳」の500mlのペットボトルを使用。
・ 「購入直後」「4時間後」「8時間後」の3回、1口ずつペットボトルに口をつけて飲む。
・ ペットボトルを、真夏日を想定した「30度、60%」の保温箱に入れた。
・ 8時間後の結果: 「麦茶」と「コーヒー牛乳」から一般細菌を検出され、時間とともに増加。
・ 24時間後の結果: 細菌数は「麦茶」は50万個、「コーヒー牛乳」は1600万個。
※ スポーツドリンクは酸性度が強いので細菌の繁殖は少ないようです。もっとも酸性度が強いと歯には悪いが。
# 130905: 厚生労働省の調査によると、副作用リスクの高い「第1類医薬品」を対面販売する際、薬事法で義務付けられた規定に従い、薬剤師が文書を用いて説明しているのは60.7%の薬局などに留まることが判明。2012年12月に公表したデータによると55.2%であるので、ほとんど改善の兆しはない。今回の調査は2012年1〜2月に全国の6538の薬局などを対象に実施。4.9%では「口頭での説明」もなかったそうだ。
# 130904: 厚生労働省によると、高額療養費制度において、年収790万円以上で70才未満の高所得者の負担限度額の引き上げの方針。
# 130902: 総務省の調査によると、「日本医療機能評価機構」が行う医療事故分析用の情報収集において、報告義務のある病院でおきた事故の3%しか報告されていなかったことが判明。調査した17病院で平成23年に発生した7150件の医療事故の内、報告されたのは229件。
# 130902: 東京商工リサーチによると、2013年1〜6月の医療機関の倒産は20件(前年同期比+5件)。負債総額は約81億円。病院4件、一般医科診療所10件、歯科診療所6件。介護関係の倒産は22件(前年同期比+7件)。
# 130902: 政府の社会保障制度改革国民会議が8月5日にまとめた最終報告書によると、「所得の高い国民健康保険組合への定率補助の廃止」の方針。医師、歯科医師、薬剤師の国保などが該当。
# 130902: 平成26年4月に消費税が5→8%に引き上げられた場合、社会保険診療報酬については、「初再診料」への加算で対応の方針。
# 130830: 医師・歯科医師の資格確認検索新システム
※ 平成25年8月27日稼働開始
・ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000017449.html
・ https://licenseif.mhlw.go.jp/search/index.jsp
※一般向けの検索
・ これは今までの検索システムを踏襲しているようで、相変わらず問題があるようです。それは、この登録は「医籍・歯科医籍」に基づいて行われているもので、中には医籍と異なる名字の免許証で医業を行って居る人もいることで、これは留意事項にも書いてありますので御注意下さい。
※医療機関向け検索
・ 検索したい人の氏名、性別、生年月日、登録番号、登録年月日を入力する必要があります。
・ ここで確認できたということは、その免許証登録の真正性を示すことにほかなりません。この登録免許証を持参してきた人が本人かは、運転免許証などで確認する必要があるでしょう。
# 130827: 田村厚生労働大臣は、平成25年3月の記者会見で、「検診車で医師が立ち会わずにX線撮影を行うことは違法」と述べたのをうけて、厚生労働省は「検診車のエックス線照射のリスクを検証すること」を表明。さて、議論の結果はどうなることか?
# 130826: 河北新報によると、東日本大震災後の医療費の一部負担金の免除制度が平成25年3月に終了してから受診抑制が生じていることが判明。
・ 宮城民医連: アンケートの回答者の半数近くが、今後の継続的な受診について抑制の考え。
・ 宮城県保険医協会: 一部負担の免除の終了後、歯科では約6割、医科では約4割に受診抑制がみられる。
# 130826: 厚生労働省によると、介護保険における介護サービスの一部負担割合を、2015年度から夫婦の年収が三百数十万円を超える世帯では2割に引き上げることを検討。なお、単身世帯は250〜300万円程度に想定。
# 130826: セクシーすぎるから解雇はOK。もっともアメリカの話です。アメリカの歯科医院で勤続10年で33才の歯科助手を「セクシーすぎる」という理由で解雇。歯科助手は、「不当解雇」として訴えたが、今回女性の訴えを退ける判決が出たようだ。
# 130826: 厚生労働省によると、大規模災害時の身元確認作業の迅速化にむけて、来年度以降電子カルテのメーカーに対して、「全ての歯の状態を統一様式で表示する」仕組みの導入を要請へ。
# 130824: 福島県郡山市で「警察歯科医会全国大会」が開催された。
※ 表示だけでは無く検索システムの検討も必要だし、レセコンの更新の時のデータの移行の問題も解決しないといけないだろうねぇ。
# 130821: 厚生労働省は2014年度予算の概算要求で、特別枠「新しい日本のための優先課題推進枠」に、1617億円を計上へ。「レセプト情報を活用して効果的な保健事業をするため、大企業社員が加入する健康保険組合に対する支援などを盛り込む。」方針。
# 130819: TPP交渉において、アメリカは日米2国間協議で「混合診療の全面解禁」と「株式会社の病院経営参入」を求めない方針。
# 130814: 「シャーガス病」感染者による献血が報告。シャーガス病は中南米に多く、重い心臓病に繋がる可能性がある。献血した感染者の血液が約10人に輸血された可能性があるそうだ。
# 130618: 神奈川県川崎市が歯周疾患検診事業で医療機関に支払う市補助額について、2009年8月分の約130万円を支払っていなかったことが判明。
※ 4年も前のはなしだが、医療機関も気づかなかったのか?
# 130518: 厚生労働省は歯科の電子カルテの標準化の実証事業を開始。
※ 現在、歯科では電子カルテは無いと認識していますが、カルテコンのことか?
※ ソフトのファイル形式などを統一化しなくても、たとえば統一様式のCSVで出力できる機能を個々のカルテコンに実装させては?
# 130515: 広島大学病院と広島県歯科医師会が「広島歯科医療安全支援機構」を設立。個人開業の歯科医院で感染症や医療事故を防ぐのが目的。
# 130513: 厚生労働省は医療事故の実態把握のため、約17万の全ての医療機関を対象に「医療事故における患者死亡事例の第三者機関への届出」と「院内調査の義務づけ」の方針を決定。
# 130423: ポータブル医療機器の開発
歯科医療機器メーカー10社と東北大学や日本歯科医師会はタービンなどの器具を小型化するなどの方法で訪問診療用の治療機器のコンパクト化へ。2014年7月を目安に価格は数百万円で従来製品より1〜2割安上がりとか。
# 130409: 日本歯科医師会の職員の人件費は平均600万円強。定年退職者の退職金は4000万円(国家公務員は約2950万円)。う〜、コメントに窮する。
# 130225: 日本歯科医師会・日本歯科医師連盟は自民党と関係を修復してこの夏の参議院選挙では自民党現職の石井みどり氏を推薦。TPP参加をめぐり、皆保険制度への影響を懸念したのに対して、安倍総裁は「選挙公約に皆保険制度の維持を盛り込んでいる」と懸念に応じた。
# 130223: 米国の歯科医師会が、「母乳と虫歯の関連性にエビデンスが無い」と否定。
# 130208: 日本歯科医師会会長に現職の大久保満男が4回目の当選。有効投票数620票のうち609票を獲得して新人候補を破る。
# 120108: 前期高齢者の一部負担わりを据え置き
政府・与党は、現在本則二割負担(暫定一割負担)の前期高齢者の一部負担割の据え置きを決定。必要予算は約2000億円。
※ 参議院選挙を間近に控えて、一部負担金を上げるのはリスキーという判断なのでしょう。しかし、自分でお金を負担するならともかく、国民の税金をもとに行う施策の決定がこういう理由なのはどうなのかなぁ。

★ 歯科医療のTopics2012

#121130: 名古屋大学の研究チームが、「幹細胞を培養する時にしみ出る成分だけを使って、イヌの歯ぐきの骨などを再生すること」に成功。人間の歯周病治療にも効果があるとのこと。
※ 人間の骨髄から採取した幹細胞の培養液をスポンジにしみこませ、歯槽骨を5mm程度削合た犬に移植したら、4週間後には周囲の歯槽骨や歯周靱帯やセメント質が3mm程度再生。
# 121114: 厚生労働省は医道審議会の答申を受けて医師、歯科医師44人(医師25人、歯科医師19人)の行政処分を発表。免許取消5人、医業停止1カ月〜3年36人、戒告3人、厳重注意14人、不問2人。【詳細
# 121113: 日歯など医療関連7団体が、医療に関する消費税の損税対策について厚生労働省を訪問して三役に要望。
# 121112: 政府税制調査会: 措置法26条の見直しへ。2011年度に会計検査院がみなし経費が実経費よりも多くなることを指摘したのを受けて、措置法は継続するものの、自由診療を含めた総収入が一定額以上の医療機関を除外へ。
# 121112: NTTデータがレセプト院内審査支援システム「レセプト博士(R)NEO」に新たに歯科レセプトチェック機能を搭載した「レセプト博士NEO Dental」を2012年6月1日より販売開始。
【主な機能】電子レセプトフォーマットチェック機能、算定チェック機能、疾患チェック機能、各種点検帳票出力
# 121106: 平成26年4月に消費税が5%から8%に増税されるのを受けて、厚生労働省は増税分を診療報酬に上乗せする方針だが、設備投資分の金額などを中心に増税分の方が多いという医療機関(主に病院)の指摘をうけて、厚生労働省は医療機関の高額投資の実態調査を行う。
# 121104: 13時頃、鹿児島県内の歯科医が宮崎県内のJR特急車内で「客室乗務員の女性に抱きついた疑い」で逮捕。本人は「ぶつかっただけ」と容疑を否認。
# 121030: 神奈川県内の歯科医が酒酔い運転で対向車線にはみ出して対向車に衝突。自動車運転過失傷害と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕。
# 121029: 世界の医療技術市場に関する調査を行うMillennium Research Group(MRG)によると、北米の歯科バイオマテリアル市場は2016年までに年間9%を超える成長が含まれる。
# 121023: 10月22日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の財政制度分科会で生活保護の医療費の議論が行われ、「生活保護の医療扶助に一部負担金を導入する見直し」について委員から異論は出なかった。2010年度の生活保護費の総額は約3.3兆円(国が3/4、地方自治体が1/4負担)で内医療扶助の金額は約1.5兆円(約47%)を占める。
# 121018: 国立長寿医療研究センターと愛知学院大の研究グループが申請していた「親知らずなどから取り出した歯髄幹細胞を移植する臨床研究の実施」を厚生労働省科学技術部会が承認。
※ 計画では智歯などの不要な歯を抜いて、歯髄内の幹細胞を採取して約6週間培養して増殖させる。その後抜髄した歯の歯髄腔に幹細胞とともに再生促進用の薬剤やコラーゲンを注入してふさぐ。成功すれば約1カ月で歯髄が再生する。
# 121015: 財務相の諮問機関である財政制度等審議会の財政制度分科会における「社会保障」の議論で、「70〜74才の前期高齢者の医療費の窓口負担額を現行の1割から2割に引き上げる(凍結解除)方向での見直し」が体勢を占める。現在の負担緩和措置の費用は年額約2000億円。
# 121001: 歯周病菌を減らすには?: 東海大学医学部感染症研究室とフレンテ・インターナショナルの共同研究によると、LS1(乳酸菌)が口腔内に存在した場合歯周病菌を減少させる効果がある。
# 120928: 厚生労働省は将来的に厚生年金基金制度を廃止へ。
# 120925: スウェーデンのカロリンスカ研究所の調査によると、持続的な歯垢付着により早期死亡リスクが上昇することが判明。「口腔内の衛生不良が感染症や炎症につながる」ことにより、癌死をもたらした可能性と推測。
感染症や炎症は全悪性腫瘍の15〜20%に関与する。
# 120925: エース損保が10月に国内損保初の「歯の保険」を発売。すでに発症した疾病については担保外。
・ おてごろプラン: 健康保険の一部負担金を対象に年間限度15万円。
・ 充実プラン: 保険の一部負担金に加えインプラントなどの自費治療を対象に年間限度20万円。
・ 保険料(35〜39才): 年10,400〜27,390円。
# 120924: 岡山大学の研究チームによると通常の水より水素濃度が高い「水素水」の摂取により歯周病の予防に効果。
# 120807: 大阪大学歯学部の研究によると、「食事中と就寝前にウーロン茶」を飲むとむし歯予防に効果(プラークスコアの低下)があることを発見。
# 120718: 岩手県歯科医師会が東日本大震災後の歯型照合の実体験を踏まえ、犬歯と第一大臼歯の8本の有無を元に遺体の身元確認を行う「3・6検索(さぶろくけんさく)」を開発。Excelを利用して照合するものらしい。
# 120717: 米エール大学公衆衛生校の研究チームの研究によると、X線撮影(咬翼法)の検査を年に1回以上受ける人は髄膜腫の発症率が高くなる傾向にあることが判明。
年齢によって1.4〜1.9倍。さらに10才までにX線撮影(パノラマ)を受けた人の髄膜腫の発症率は4.9倍になる。
# 120717: 厚生労働省は、年収約300万円以下の世帯には年間を通じた医療費の一部負担金に上限を設ける方向で検討に入った。
# 120713: 高知県歯科医師会が東京海上日動火災保険とBCP策定に関する協定の調印。
BCPとは、あまり見慣れない人もいるでしょうが、「企業が自然災害時の緊急事態において、事業の継続を図るために事前に計画をたてておく」ことをいいます。
# 120711: 協会けんぽの2011年度決算見込み
協会けんぽの2011年度決算見込みは、638億円の累積赤字を解消して1,947億円の準備金を計上。
# 120710: 徳島県の「シケン」は2013年6月を目処に義歯の人工歯を生産するフィリピン工場を増設。投資額は5000万円で生産能力を50%アップ。
# 120706: 厚生労働省によると平成23年の国民年金保険料の納付率は58.6%(前年度比-0.7%)。
【都道府県別】
1位:島根県71.36%〜2位:新潟県70.67%〜3位:福井県69.77%〜4位:山形県69.17%〜5位:富山県69.11%〜   〜43位:長崎県55.23%〜44位:東京都55.11%〜45位:福岡県54.86%〜46位:大阪府59.68%〜47位:沖縄県38.14%
# 120706: 日本歯科医学会は厚生労働省の委託による歯科保健医療情報収集事業として術者の手洗いや手袋の着用から滅菌・消毒、医療廃棄物処理まで広範囲にわたる「一般歯科診療時の院内感染対策」を纏めた。それによると、
・ ハンドピースの滅菌状況: アルコールなど消毒薬を用いた消毒(清拭)のみ(37.6%)、患者毎に滅菌する(31.4%)、問診から感染症患者と分かった時だけ滅菌(27.9%)、清拭のみ(2.0%)。【日本歯科新聞社の記事より】
# 120704: 長崎大学の小児歯科講座で、「むし歯の原因となる酵素の働きを効果的に抑える抗体を発見」。
・ う触菌が生産する酵素がグルカンを合成し、それによってう触菌が歯面に付着するが、抗体によってこの酵素の活動を抑制し、結果的にグルカンの産生を抑制し、歯面への菌の付着が少なくなりむし歯が抑制される。

# 120630: 米国医師会雑誌の耳鼻咽喉科−頭頸部外科専門誌の論文によると、歯周病が原因でヒトパピローマウイルス(HPV)が口腔内感染しやすくなり、結果として頭頸部の癌の原因となる。
・ 口腔咽頭癌患者の65%がHPV陽性。口腔癌患者は29%、咽頭癌患者は21%。HPVの陽性反応の人ほど、歯槽骨の減少率が高く、歯槽骨の吸収1mmにつきHPV陽性反応が2.6倍づつ上昇する。
# 120625: 日本歯科医学会の調査によると、インプラント治療を行う歯科医の内の60.8%が治療上のトラブルの経験有り。トラブル事例中、「人工歯の破損:67.5%」「インプラント周辺の炎症:55.4%」。又約25%の歯科医が「神経麻痺」や「異常出血」などの重いトラブルを経験。
# 120618: 岩手医大の研究チームがiPS細胞から象牙芽細胞を作り出す技術を開発。
# 120618: 医療機関のホームページ規制
医療法の広告規制により、医療機関の広告には制限が設けられているが、自分の医療機関のホームページへの記載はその制限の範囲外とされています。しかし、インプラント治療などを中心に不適切は内容の記載が多いとして厚生労働省は今年度中に規制内容をとりまとめる方針。
# 120618: 歯科矯正器具の輸入会社であるアライン・テクノロジー・ジャパンの調査によると、在日外国人の76%は日本人の歯並びを悪いと感じている。どちらでも無いは20%、良いは5%。
# 120618: 米食品医薬品局(FDA)によると、ビスホスホネート製剤服用開始から3〜5年後の骨折予防効果に関するエビデンスが不足していると指摘。
また、同剤に重大な副作用に関する報告があり、同製剤の服用を長期継続の是非について不明としている。
# 120618: 大阪大学の研究グループの研究によると、「ミュータンス菌のうちの、コラーゲン結合蛋白をコードする遺伝子(CNM)を持ち、グルコースの側鎖がない高病原性株」は「脳出血や潰瘍性大腸菌」に関与。
【ミュータンス菌】 ミュータンス菌は、歯磨きなどによって歯と歯茎のポケットから血管内に入る。グルコースの側鎖を持たない高病原性菌は白血球に貪食されにくく、菌血症状態となり、全身に病原性をもたらすとされる。ミュータンス菌は日本の大人の6〜7割は保有しており、生後15カ月〜5年の間に感染するといわれる。
# 120618: ミシガン大学歯学部の研究によると、「避妊用プロゲステロン注射剤の使用は歯周病と関連する」とのこと。
・ 注射用避妊薬である酢酸メドロキシプロゲステロンデポ剤(DMPA)の使用経験のある女性では、使用経験のない女性と比べ、歯肉炎や歯周炎などの歯周病を有する可能性が高い。
# 120618: 佐賀大の研究チームによると、アトピーの慢性化の原因は「ペリオスチン」というタンパク質の大量生成による可能性。
# 120618: 12日のbloombergの記事によると、「スウェーデンで行われた調査によると、歯垢の長期にわたる付着により発ガン性が高まり死亡するリスクが高まる」ことが観測されたが、完全な因果関係の把握には今後のさらなる研究が必要。
# 120615: 歯科衛生士法の一部改正
厚生労働省の医療推進会議において、歯科衛生士法の一部改正について検討を開始することを了承。
報道によると、「女子に関する条文を改正(男子の歯科衛生士に対応するため)」「歯科衛生士の業務における『歯科医師の直接の指導下』の『直接』の文言の削除」など。
# 120611: 不正受給の監視ソフトを開発
生活保護費の約半分は医療扶助で占められているそうです。厚生労働省はそれらの不正受給を監視するソフトを開発して平成24年秋から自治体に導入するようです。
# 120605: 日本製粉と広島大学の共同研究によると、ワインを製造する過程でブドウを圧搾した後に残った「果皮・種・梗」の混合物である「ハミス」に含まれるオレアノール酸がう触や歯周病予防に効果があることが判明。
# 120604: 博報堂DYホールディングスが幼児向けのむし歯予防の教育プログラムの支援サービス(歯科開業医向け)を開始。
# 120604: 厚生労働省の歯の実態調査によると、2011年11月の調査で8020達成率が初めて30%を超え38.3%。
# 120604: 日本口腔衛生学会は現在の齲歯の診断基準の5段階を7段階へ変更の検討。齲歯の初期症状を明確化。
# 120601: 日本顎顔面インプラント学会の調査によると、学会認定の研修施設79カ所へのアンケート(回答74施設)の結果、2009〜2012年の3年間でインプラント後に顎や唇の痺れなどの障害が生じた例は421件。内神経麻痺は158件、上顎洞などへの穿孔例も63件。
【詳細】 
・ トラブルの件数:421件(2009年:158、2010年:127、2011年:136件)
・ トラブルの内容:
(1) 神経損傷:158 件(37.5%)
内訳: 下歯槽神経損傷:117 件、オトガイ神経損傷:36 件、眼窩下神経損傷:3 件、舌神経損傷:2 件
(2) 上顎洞内インプラント迷入:63 件(15.0%)
(3) 上顎洞炎:61 件(14.5%)

# 120518: 米コネチカット大学口腔医学の研究チームによると、再発性アフタ性口内炎に対して、マルチビタミン剤を服用しても、再発回数の減少や、期間の短縮には効果がなかった。
# 120518: サントリーによると、ウーロン茶の飲用で歯面へのプラーク抑制効果が見られた。
# 120514: ドリンク剤が歯に与える影響
アメリカの歯科専門誌General Dentistry(総合歯科学)」に発表された論文によると、スポーツ飲料や栄養ドリンクがエナメル質に与える影響は大きい。当分が多い上酸性度が高いため。
・ 米国では10代の30〜50%が栄養ドリンクを毎日1本以上飲んでいる。
・ 米国では10代の62%がスポーツ飲料を毎日1本以上飲んでいる。
【研究内容】
・ スポーツ飲料13種と栄養ドリンク9種の酸性度を分析し、これらの液体に歯を15分浸し、その後人口唾液に2時間浸した。
・ この実験を1日4回5日連続で行った。
・ エナメル質の損傷度合いは、栄養ドリンクの方がスポーツ飲料よりも2倍高い。
【対応】
・ これらの飲料を飲んだ後は少なくとも1時間歯みがきを控えるべき。できればキシリトールガムなどや水で口を漱ぐことが有効。
【参考】
飲食物とpH: 炭酸飲料やジュース類はpH2〜3、牛乳、豆乳、お茶等はpH6〜7、レモンはpH2、オレンジ類でpH3〜4、醤油でpH4.7、味噌汁でpH5程度。
# 120509: 厚生労働省は医療分野の個人情報を複数の病院や自治体や介護施設で共有する法整備を検討。

# 120428: 東京都港区の歯科医師会と警視庁は歯型のレントゲン写真と神奈川歯科大学でデータベース化する試みを実施へ。登録を希望する人(患者)は保管料やデータ化の費用2500円の負担が必要。
# 120418: 厚生労働省の社会保障審議会医療保険部会は支払基金と国保連の統合を検討。2012年12月の衆院決算行政監視委員会で、両機関の統合と民間参入の検討を求める決議が採択されている。
# 120418: 米国心臓学会は、「歯周病と心臓病や脳卒中の関連に確証なし」との声明。
# 120416: 厚生労働省は10年後(平成34年)度の「歯や口の中の健康目標」を大幅に見直し。
・ 8020(80才で20本以上の残存歯)の目標: 25%→50%。
・ 40才で喪失歯ゼロの目標: 54%→75%。
・ 12才でむし歯の数が平均1本未満の都道府県の目標: 7→31。
# 120414: 歯科のX線と脳腫瘍
米エール大学公衆衛生校の研究チームの研究によると、
・ 年に1回咬翼法のX線検査を受けた場合: 髄膜種を発症する確率は、年齢によって1.4〜1.9倍。
・ 10才までにパノラマ撮影を受けた場合: 髄膜種を発症する確率は、4.9倍。
※ ただし、調査対象者が米国の特定地域に居住する白人が大半で、米歯科医師会は「X線検査を受けた経験について患者の不確かな記憶に頼っており、信頼できない可能性がある」とのコメントを出している。
# 120405: 政府・民主党は後期高齢者医療制度の廃止案を白紙撤回へ。
# 120403: 日本口腔インプラント学会が、インプラント治療の際に、事前に患者にどの程度危険性があるかを確認するリスト作成。

# 120326: 大阪大や横浜市立大、浜松医科大等の研究チームによると、むし歯の原因となる「ミュータンス菌」の一種による感染で、「腹痛や腸内出血などを繰り返す難病の潰瘍性大腸炎となるリスクが4倍以上」になることは判明。口内にあっても影響は無いが、血中にはいるとリスクが上昇するようです。
# 120322: 東証2部の松風が1部に格上げ。
# 120322: iPadによる歯周病検査ツール「toop!」
(株)GENOVAから歯科用iPadツール「toop!(トゥープ)」のクラウドサービスが無料リリース。http://www.toop.jp
# 120315: 福岡県弁護士会は、「歯の痛みを訴えた受刑者に治療を受けさせなかったのは人権侵犯」として、福岡刑務所に適切な治療を受けさせるよう勧告。
# 120306: 香川県と香川県歯科医師会は災害時の歯科医療救護活動協定を締結。

# 120220: 岩手医大歯学部がハーバード大と提携し、歯学部改革へ。カリキュラムの見直しなど。
# 120215: 神奈川県内のベンチャー企業が鶴見大学歯学部と共同で、「ココアを原料とした歯磨剤、ココデント」を開発。ココアは歯周病菌に抗菌効果があるそうです。80g入りで1,890円。
# 120211: 日本歯科医師会主催の「〜生きる力を支える歯科医療の実現に向けて〜」のシンポジウムが開催。歯科口腔保健の推進に関する法律の成立記念行事とのこと。
# 120206: 野田首相は2月6日の参議院予算委員会で、2年ごとに行われている診療報酬改定を3年ごとに変更することを検討することを表明。

# 120127: 医学理論を検証する国際研究グループ「コクラン共同計画」がインフルエンザ医の治療薬であるタミフルが病状の重症化を防ぐとする効能を疑問視する報告書を発表。日本は世界の7割のタミフルを使用。
※ 報告書: 当初の症状を軽減する以外、タミフルの効果は依然として不明確で、副作用も過小報告されている可能性がある。
# 120123: アメリカの通商代表部は環太平洋連携協定の医療分野の事前協議で「混合診療の全面解禁」を対象外とすることを日本政府に非公式に伝達。
# 120119: アメリカのイーストマン・コダック社が破綻。ただし、事業は継続されるようで歯科用のX線フィルムの供給には影響はないものと思われる、たぶん。
# 120111: 奥羽大歯学部口腔病態解析制御学講座の玉井准教授が「カンジダ菌が歯周病菌の歯肉への侵入を進行させることを突き止めた」。


★ 歯科医療のTopics2011

# 111226: 全国健康保険協会は2012年度の保険料率を現行の9.50%から10.0%へ引き上げの方針。
# 111221: 平成24年4月診療報酬改定決着
# 111215: 平成24年度税制改正大綱
平成23年12月10日の政府の閣議決定によると
・ 社会保険診療報酬の所得計算の特例(措置法第26号)
・ 社会保険診療報酬の事業税の非課税
上記の措置は継続で決定。
# 111213: 日本顎顔面インプラント学会は今月から全国の歯科大学や口腔外科のある大規模79医療機関を対象に「インプラント事故」の実態調査を開始。
# 111212: 18:50頃埼玉県八潮市の歯科医院から出火。18:30頃に施錠して無人状態で2階の技工室の診療器材が燃えたそうです。
# 111210: 民主党の前原政調会長は「消費税が上がることだけが議論されているが、社会保障の中にも無駄が多い」として、「社会保障分野でも無駄の削減に切り込む」見解を発表。特に生活保護がターゲットか?
# 111210: オンライン請求詐欺に注意: 某県の審査支払い機関の職員を名乗って、オンライン請求の「暗号化ソフト・ライセンス使用料代金」と称した架空請求が発生して注意喚起されています。現在確認されているのは当該県内だけの注意喚起ですが、こういった情報は全国的に廻して新たな被害がでないように対処する必要があるでしょう。少なくとも、オンライン請求で個別に料金の徴収を行うことはありません。証明書は有料ですが一般には月々の診療費の支払いで精算されるはずです。
# 111209: 財務省は平成24年度の診療報酬改定で医療費全体で2.3%(本体1%、薬価1.3%)の引き下げを要望。目指すは医療費総額の1兆円の圧縮。
# 111209: 日本医師会を始めとした40の医療関係団体による国民医療推進協議会が「日本の医療を守るための総決起大会」を開催して、「受診時定額負担金反対」と「医療分野をTPP交渉の対象としない」ことを交渉の対象とすることを決議。署名総数は約773人分。
# 111205: ドイツのおける歯科医師への新しい手数料規則の変更によって、来年から歯科治療追加保険に加入していない場合は治療費の大半を自己負担しなければならなくなるそうだ。「保険市場タイムス」の記事によると、「健康保険がカバーしない治療のコストは、平均して6%上昇」し、例えばセラミック冠は400(約42000円)ユーロが424(約44520円)ユーロに、インプラントは1600(約168000円)ユーロが1700(約178500円)ユーロになるそうです。なお調査によると6割以上もの人が歯科治療追加保険に加入していないそうです。

# 111128: 政府・民主党は外来患者の医療費の窓口負担の定額加算(100円)について、来年度の導入を見送る方針を決定。
# 111126: 宇都宮市内の歯科医師が5万円のEVを製作。電源は単三電池40本(10本ずつ直列)で11月3日筑波サーキットで開催された日本EVフェスティバルで走行。ただし公道は走行できず趣味のもの。最高速度は26Km/hで9Km走行可能。
# 111126: 厚生労働省は10日の社会保障審議会介護給付費分科会で「歯科衛生士が介護保険施設入所者に週1回以上の口腔ケアを実施した場合に評価する案」を提示。
# 111125:小宮山厚生労働大臣は、11月25日の診療報酬改定で、医療費の本体部分の引き上げを求める考えを表明。医療費全体としては据え置きの方向。
# 111124: 厚生労働省は国保加入の低所得者の保険料軽減の対象を現行の3人世帯で年収223万円以下から310万円以下に拡大する見直し案を社会保障審議会の医療保険部会に提示。
# 111124: 社会保障審議会の医療保険部会で医師国保や歯科医師国保などの裕福な国保組合に対する低率補助(32%)の廃止が議論された。
・ 医師会、歯科医師会の主張: 急激に負担が増えれば、組合の解散もあり得る。被保険者が市町村国保や協会けんぽに移動したり、自家診療が保険請求されるようになったりし、国庫補助の負担はかえって増える。
・ 厚生労働省の主張: 直しの目的は、公平性の確保であり、必ずしも国庫補助の削減ではない。
※ 厚生労働省の言うことがまさに正論で、世論を反映しているんでしょうが、そうとばかり決まらないのはこの世の中。さて、行方は如何に?
111121: 厚生労働省の「臨床研修制度の評価に関するワーキンググループ(WG)」によると
・ 研修医1年次の推計年収: 平均約435万円(賞与は含むが住宅手当や残業代は含まず)
・ 大学病院の研修医は約300万円、臨床研修病院では約450万円。最高は約960万円、最低は180万円。
・ 都道府県別では、最高の青森県が約590万円、最低の宮崎県が約350万円。
111114: 国際糖尿病連合の調査によると、現在の世界の糖尿病患者が3億人を突破。中国が初めて1位でアジアでの増加が目立つ。日本は6位で1,070万人と前年の8位から悪化。
111109: 厚生労働省は検討している「受診時定額負担」制度について、低所得者の負担金を半額の50円に抑える案を検討中。
111108: 兵庫県歯科医師会は神戸市内の洋菓子店の協力で虫歯にならないチョコレートを作ったと発表。虫歯予防効果がある天然甘味料・キシリトールを使った「でん太チョコレート」。
111108: 財務省は、会計検査院の改善要求に応え、いわゆる医師優遇税制(措置法第26条)について、政府税制調査会に廃止も含めた見直しを求める方針を明らかにした。
111107: 被災者健康支援連絡協議会(日医、日歯、日薬などで構成)は「先端機器の整備よりも除染を優先して、子供達が福島に戻れる議論をしなければいけない」との意見も。
111107: 会計検査院の発表によると、2010年度の決算で、秋田県内の3医療機関が医療費を過大受給(計976件約962万円、うち国庫支出分約345万円)しており、県歯科医師国民健康保険組合への補助金の不当支出を指摘。
・ 医療費: 医師数の基準が達していないのに療養病棟環境加算などを請求。
・ 国保組合: 療養給付費補助金や出産育児一時金補助金を補助対象外の組合員に受給させた。>4事業所が本来協会けんぽに加入すべきところ、歯科国保に入っていたためのよう。さて、他の県はどうなんだろう。
111107: 外務省は、現在原則禁止とされている「混合診療」についてTPP(環太平洋経済連携協定)の交渉で「全面的な解禁議論の話題になる可能性がある」との見解を示した。
111107: 現在専門医の認定は学会で行っているのが主だが、11月4日の「専門医の在り方に関する検討会」で、現在問題となっている「専門医の乱立」や「専門医育成のプログラムが確立しておらず、臨床力本位の認定になっていない」などの解決のため、学会から独立した中立的第三者機関が行うという考えか示された。
・ 中立的第三者機関の構成: 日本医学会や日本医師会、病院団体、全国医学部長病院長会議、学識経験者。
・ 資金: 各学会の専門医認定費用のうちの20〜30%を拠出してもらう。研修施設の認定料。
※ 歯科もかなぁ?
111104: 盛岡市で「警察歯科医全国大会」が開催され全国の歯科医約400人が参加。
111104: 11月2日の中医協総会で、厚生労働省は「平成24年4月付けで保険医療養担当規則を改正」し、保険薬局等における一部負担金に対するポイント付与を認めない方針を提示、了承。
111102: 日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤医師会は合同記者会見で、「国民皆保険を守ることを表明し、国民の医療の安全と安心を約束しない限り、TPP交渉への参加は認められない」と表明。

111028: 会計検査院は財務省と厚生労働省に対して、医師優遇税制は「税負担の公平性の観点から問題」として見直しを要求。2008〜2009年に延べ約1,650人で所得税約32億円が減税。
111028: 浜松医科大学薬理学講座と大阪大学歯学部小児歯科学による共同研究の結果、「齲歯原因菌の一種(コラーゲン結合蛋白(CBP)陽性菌)が頭蓋内出血に関与する可能性」が示された。
111025: 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の研究チームの発表によると、「口臭の原因となる硫化水素が口の中の細菌が出す毒素に作用し、歯槽骨を破壊する細胞が増加し歯周病が悪化する仕組み」を解明。
111012: TPP交渉参加問題をうけて、民主党有志の「TPPを慎重に考える会」で日医の副会長と日歯の副会長は「医療開国の危機」と訴えた。
※ 「外資系企業が日本の医療に参入すれば高額の自由診療を行い、国は診療報酬を引き上げなくなるため、地方の病院などが立ち行かなくなる」との話しだが、よくわからん。
111006: 野田総理は日医と日歯の会長と面会。両会長とも野田政権に協力する姿勢を表明。長浜副長官、民主党の水野智彦衆院議員、西村正美参院議員同席。
111001: 歯科医師国保でも補助金の過大受給が判明: 建設国保の無資格者加入を受けて会計検査院が全国約40の国保組合への補助金について調査したところ、歯科医師国保を含む4つの国保組合で計約5億円の過大受給が判明。従業員5名以上(協会けんぽへの加入義務)の事業所が偽った届出で加入していた例など。

110929: 平成23年09月29日厚生労働省: 厚生労働省は医道審議会の答申を受けて医師、歯科医師51人の行政処分を発表。
110929: 厚生労働省: 2009年度の国民医療費は36兆67億円(前年度比1兆1983億円、+3.4%)対国民所得比10.61%と初めて10%をオーバー。65才以上の医療費が19兆9479億円(一人あたり68万7700円)と55.4%を占める。患者の自己負担は13.9%(前年度比-0.2%)、保険料は48.6%(前年度比-0.2%)、公費負担は37.5%(前年度比+0.4%)。前年度比で歯科は+0.7%、医科は+3.0%、調剤は+7.9%。
110928: 大阪大、浜松医科大、横浜私立大学の研究チームの研究によると、虫歯の原因菌の「ミュータンス菌の一種」が脳出血のリスクを4倍に高めることを発見。
110927: ライオン歯科衛生研究所と日大歯学部衛生学教室の研究グループが、日本人としては初めて「歯周病とメタボリックシンドロームとの関連性」にて「米国歯周病学会賞」を受賞。
110923: 来年度の点数改正で検討されている「受診の度の100円程度の受診時定額負担」の導入に対して、日医など医療関連41団体が反対を表明。
110916: 総務省は「病院のカルテや調剤などの医療情報をデータセンターで一元管理するクラウド化を推進する宮城県の事業を支援する方針」。
110916: 岡山大学歯学部の研究グループが、「歯の噛み合わせが悪いと、アルツハイマー病の原因とされるアミロイドβが脳内で大量に増える」ことを確認。
110906: 来年度も診療報酬は増額の意向: 小宮山厚生労働大臣の話によると、「2012年度の診療報酬改定」がUPの方針。しかし、1%UPで約900億円の予算措置が必要でまた自然増の問題もあり、国難と言われる現在の日本で、これが通るかということと、UPという方針が適切かと点で議論の分かれるところか。
110901: 宮城県歯科医師会は国の補助(1カ所1900万円)を受けて、被災地に5カ所の仮設診療所を設置へ。

110826: 厚生労働省によると2010年度の医療費は36兆6000億円(前年度比+3.9%)。70才以上の医療費は16兆2000億円と全体の44.3%。また歯科医療費は2兆6000億円(前年度比+1.8%)で全体の7.1%。一人あたりの医療費平均は28万7000円(前年度比+3.7%)で70才未満のそれは17万4000円(前年度比+3.4%)、70才以上のそれは79万3000円(前年度比+2.2%)、後期高齢者のそれは90万1000円(前年度比+2.2%)。
なお、医療費全体の伸びと比べると歯科の伸び率が低いように感じるが、入院医療費が14兆9000億円(前年度比+6.2%)であるのに対して、入院外が13兆円(前年度比+1.8%)と医科の入院外の伸び率と比べれば同じレベル。
110815: 日本小児科学会安全委員会によると、子供のMRI時の麻酔で呼吸停止のトラブルが2割近い医療機関で経験。
110808: 歯科カルテのDB化: 日歯が「歯科カルテのデータベース化を進めており、5年以内の完成する方針で厚生労働省にも財政支援の要望を出して」いましたが、7日に政府は「災害時の身元確認のために歯科のカルテのデータベース化を行う」ことを決定したようです。詳細は、厚生労働省、警察省、日本歯科医師会で詰めるようですが、「患者から同意を得た上で、歯科医院の治療記録をオンラインで日本歯科歯科会に集約して保存」するようです。
しかし
・ 患者の同意: 末端の歯科医院で個々の患者さんから同意を得るのには手間がかかる。
・ オンライン: レセプトのオンライン請求の推進時の反対論に、オンラインはセキュリティ上の問題があるとした意見がありましたが、そういった意見を乗り越えて日歯が行うということなのか?
110806: 民主党代表代行の仙谷由人官房副長官は自民党の鴨下一郎政調会長代理らと超党派の医療政策の勉強会を立ち上げ。「診療報酬」「医師の養成」などについて議論へ。
110804: 適切な医療費を考える民主党議員連盟は「受診時定額負担金」に反対を表明。
110803: 中医協の森田会長は、「被災地を対象とした診療報酬上の加算創設」について検討対象と表明。
110802: 日歯が歯科カルテのデータベース化を進めており、5年以内の完成する方針で厚生労働省にも財政支援の要望を出しているようですが、具体的にはどういう物なのか?
110723: 定額負担金: 以前から話しは出ていたが、21日の社会保障審議会の医療保険部会で高額療養制度の見直しに合わせて受診時定額負担が正式に厚生労働省から提案されたようだ。これは受診時に定率の一部負担金に加えて100円程度の定額負担金を合わせて支払うものだが、導入には慎重な意見が出たそうだ。
110720: 帝国データバンクによると今年の上半期の医療機関の破綻は20件(うち歯科7件)。
110713: 平成22年度の国民年金保険料の納付率は59.3%(前年度比-0.7%)
110708: 厚生労働省: 「第18回医療経済実態調査について
110708: 厚生労働省: 「医療保険の一部負担金等免除の取扱い変更に関する周知のお願いについて
110702: 神奈川歯科大学唾液腺健康医学らのグループの研究によると、唾液による前立腺疾患の健診を。血液検査で使われるPSA(前立腺特異抗原)が唾液にも含まれるとのこと。
110615: 豊田加茂歯科医師会とトヨタ関連部品健康保険組合の調査によると、「定期的に歯科医院を受診している人は、全ての病気にかかる年間の総医療費が低くなる傾向がある」ことが判明。
110606: 6月4日に歯科材料のメーカーで有名な松風が「親子で学べる歯の知育コンテンツ」のサイトをオープンしました。http://www.8iku.com/
110603: 来年度の点数改定: 東日本大震災のさなか、来年春は医療保険と介護保険のダブル改定の年。日医などでは来春の改定の実施を見送るべきとしていますが、3日の記者会見で細川厚生労働大臣は「定期的に改定していくことは重要だ」と予定通り実施の考え。
110601: 鶴見大学で女子学生を対象に調査したところ、「若い女性の噛む力が弱くなり、智歯の退化が進行している」ことが判明。調査した124人中、平均の歯の本数は28.2本、32本ある人は6人。
110525: 東日本大震災に伴う特例措置で支払基金扱いで診療報酬の概算払いを請求した医療機関や薬局は407施設(約13億円)。歯科は106施設(約5000万円)。県毎では、岩手県(27)、宮城県(59)、福島県(20)、千葉県(1)。
110520: 新潟大学大学院医歯学総合研究科の研究グループによると、歯周病の原因菌が善玉コレステロールを減少させ、結果として悪玉コレステロールを増やすことにより動脈硬化を亢進させることを解明。
110314: 日本歯科医師会は東日本大震災をうけて、全国の都道府県歯科医師会に「歯型照合を行える歯科医を被災地に派遣するよう」要請。
110511: 観血治療前における、感染性心内膜炎リスク患者に対する予防的抗菌剤の投与の必要性だが、英国で2008年に出されたNICEガイドライン(予防的抗生物質投与中止の推奨)の前後の比較で、抗菌剤の予防投与は約78.6%減少したが、感染性心内膜炎が大幅に増加したというデータは出ていない。
110305: 日本小児歯科学会の調査によると、永久歯の先天性欠如の割合は約10%にものぼることが判明。
110207: 1986年以降に医療用医薬品として販売され、歯痛でもよく利用される解熱鎮痛剤の「ロキソニン錠」が薬局などで購入できる一般薬(第1類医薬品「薬剤師への相談が必要」)として発売される予定。
110205: 日弁連が集団フッ素使用に異議
日弁連が平成23年1月21日付けで、「厚生労働大臣」「文部科学大臣」「環境大臣」にたいして「集団フッ素洗口・塗布の中止を求める意見書」を提出した。意見書の内容をかいつまんで言うと、「安全性」「有効性」「必要性」「違法性(使用している薬剤は試薬で、薬事法の趣旨・目的に反した違法行為が認められる。)」「環境汚染」
110131: 日本歯科医師会長選挙で、現職の大久保満男氏が新人候補を破って三選。
110131: クラレとノリタケの歯科材料事業を統合。統合後の売上高は約90億円。
110128: 厚生労働省: 2011年度の公的年金の支給額を0.4%引き下げることを決定。
110120: 厚生労働省の研究班: 65才以上の高齢者で歯が20本以上ある人に比べて、ほとんど歯の無い人の認知症リスクが1.9倍。
110118: 長野県佐久市の事業仕分けで「休日救急歯科診療所運営支援事業」は不要とされたが、市では「同じ場所で安定的な診療体制を維持していくことが必要」として継続を決定。
110114: 支払基金: 1997年には107.29円、2010年には90.24円の審査手数料を、2015年には80円以下にする方針。また【良質なサービスの提供】として、「コンピュータチェックの充実。コンピュータ寄与度を4割から7割へ」「突合点検および縦覧点検の実施」「審査の不合理な支部間差異の解消」などがあげられている。

★ 歯科医療のTopics2010

101230: 京都大学の北川宏教授らの研究チームが元素の周期表でパラジウムの両隣の「Rh(ロジウム)・Ag(銀)」を材料にしてパラジウムそっくりの性質をもつ合金の合成に成功。ただし、Rh自体高価な金属なので実用的な意味があるかは不明。
101213: シード・プランニングによると、2014年の電子カルテ市場は1000億円規模に。
101130: 法務省は外国人の在留資格を定めた省令を改正して、現在免許取得後6年間と定められている就労年数を撤廃し診療地域の制限を撤廃した。これによって影響を受ける人数は2009年現在で医師、歯科医師で220名程度とのこと。
101025: 岡山大大学院医歯薬学総合研究科等の研究グループの研究によると、「マッシュルームから抽出したタンパク質・レクチンが、虫歯の原因菌の活動に抑制効果の高い」結果がでたそうだ。
101019: 厚生労働省発: 医療保障制度に関する国際関係資料によると、2008年度における日本の総医療費はGDP比8.1%で31ヵ国中の22位。
※ 日本の医療の特徴: 人口当たりの病床数が際だって多い。病床当たりの医療職員数が非常に少ない。平均在院日数が極端に長い。1人当たり外来診察回数が多い。 → つまり単価が安く薄利多売型なのかな?
101018: 顎骨から骨粗鬆症の予測: 顎骨のX線写真から、骨粗鬆症の発見・予測が可能であることを大阪歯科大の研究グループが成功。これって、愛知県歯科医師会で推進している方法とどこが違うのか?ところで、報道では「一般の歯科にあるレントゲンを使い、1回5分以下、数百円の費用でできる」とあるが、もしパノラマX線写真なら約1000円(3割負担)ということになるのだろうが、この報道を見た患者さんが、歯科医院に行けばこの程度の負担で骨粗鬆症の検査ができると勘違いして歯科医院に駆け込まれても困る。
100930: 支払基金は審査手数料(現行90.24円)を2015年度には80円まで引き下げる方針。手法は、「5年間で職員の13%減とコンピューター審査の充実」。
100929: 保険の指導・監査の検証チームの設置: 厚生労働省は、先の保険指導にかかる贈収賄事件をうけて、「保険医療機関等に対する指導・監査の検証及び再発防止に関する検討チーム」を設置。
(1) 趣旨: 保険医療機関等に対する指導・監査の公正な実施を担保するため、捜査の進展を見極めながら、今回の事件の検証と再発防止策の検討を行う。
(2) 具体的な検討事項
・ 本省と地方厚生局との役割分担及び情報共有のあり方
・ 指導・監査の対象とする保険医療機関等の選定方法
・ 指導・監査の内部監察体制 等
(3) 検討体制
・ (主  査) 藤村副大臣
・ (副主査) 岡本政務官
・ (メンバー) 総括審議官・人事課長・地方課参事官(地方厚生局管理室長併任)・保険局長・保険局審議官・保険局医療課長
※ 上記による省内の検討を踏まえて、外部有識者も参画した形での検討体制を別途立ち上げることとする。
100913: 小沢一郎氏の政策: 現在、民主党の代表選挙で闘っている小沢一郎氏であるが、10日(金)に日本歯科医師会の会合に出席して「診療報酬のさらなる引き上げ」や「歯科に関する基本法の成立や診療報酬の事業税非課税の継続」に取り組むことを表明。
100906: 奥羽大薬学部生化学分野の大島光宏教授を始めとする研究グループが、「歯周炎患者の歯肉の線維芽細胞に原因がある」ことを解明。

100831: 日本小児歯科学会によると、1259人の小児歯科医の調査によると、約半数の歯科医が「虐待が疑われる子供」を治療した経験があるが、実際に通報したのは1割弱。
100831: 国立がん研究センターと日本歯科医師会は「がん患者への歯科治療で連携して口腔内の合併症を軽減」へ。
100820: 高齢者医療制度改革会議は後期高齢者医療制度の廃止後の新制度を大筋で了承。【後期高齢者医療制度の加入者1400万人のうち8割を国民健康保険(国保)に移行し、残る2割にあたる会社員とその扶養家族は企業の健康保険組合などに加入させる】 → 私見ではあるが、保険制度の一本化のとっかかりとして後期高齢者医療制度は一定の評価をしていたんですが、どうも逆戻りのような。
100819: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成22年05月末概数: 68,303(前月比+57)・(前年同月比+164)
100810: WHOが「新型インフルエンザの世界的大流行が終息期にはいった」との見解。
100805: 日本年金機構によると、2009年の国民年金保険料の納付率は59.98%で4年連続の悪化で初めて60%を割る。
100802: 厚生労働省の6月の勤労調査によると、従業員5人以上の事業所のボーナスなどの支払額は前年同月比+3.3%と改善が見られるが、医療・福祉業は前年同月比-11.8%と大幅減少。減少しているのは医療・福祉と電気・ガスだけなのだが、その理由は如何に?

100723: 香川県の(学)瀬戸内学院が運営する瀬戸内総合学院は来春で歯科衛生士科の募集を停止。志願者数の減少が要因。なんでも、募集定員は50人。入学者のピークは1987年の66人。それが今年は5人まで落ち込んだという。もっともこれは歯科衛生士の人気の凋落以外の経営的な影響もあるそうだが。
100723: 大阪市でかねてから問題となっていた「生活保護受給者を過剰診療」。市では問題をうけて13病院・医院と3歯科医院を立入検査を行う方針へ。しかし、入院または通院患者の全員が生保という医療機関が府内に34もあったとは。よからぬ金儲けに利用されているということなのかな?
100716: 小児歯科学会と鶴見大は、難病の小児患者の乳歯から幹細胞を取り出して保管する「歯髄細胞研究バンク」を10月に設立する。細胞の一部を国内外の研究機関に提供し、難病の解明や治療法開発に向けた研究に協力することを目的とする。
100716: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成22年04月末概数: 68,246(前月比+46)・(前年同月比+145)
100713: 国保中央会によると、2009年の国保の1人あたりの年間医療費の最高は広島県:350,449円、最低は沖縄県:240,708円)。後期高齢者医療制度では、最高は福岡県:1,107,709円、最低は新潟県:719,530円。こういった差の要因は「病床数」「入院日数」「加入者の年齢構成」によっておこると言われている。国保医療費全体(市町村+組合)は10兆3331億円。加入者数は3,951万人。
100713: 2011年度予算概算要求の基本方針の策定作業によると、社会保障関連予算は約1兆3000億円の自然増を容認。問題は財源だが。
100709: (社)日本私立大学協会の「歯科診療及び歯科医師に関する意識調査」によると、
(1) 歯科医師のイメージ: 信頼できる:34%、優しい:30%、親しみやすい:27%。
(2) 歯科医師という仕事に対するイメージ: 高収入:65%、仕事がハード:30%、将来が安定している:28%、エリート:21%。
(3) 理想の歯科医: 1位:福山雅治、2位:江口洋介、3位:阿部寛・木村拓哉。1位:天海祐希、2位:松嶋菜々子、3位:黒木瞳。

100629: 山形県鶴岡市の慶応大先端生命科学研究所が唾液検査で口腔ガンを始めとした癌病変を高精度で発見する技術を開発。
100628: 民主党の歯科への姿勢: 民主党から日歯及び日歯連盟に民主党の政調会長から以下のような内容の文書が届いたらしい。
「今後も歯科医療改善に取り組む。依然として厳しい状況に変わりはないとの認識。2012年度の改定を視野に入れつつ、歯科医師の受給問題や歯科技工士・衛生士の待遇改善などに今後も取り組んでいく。」
100628: 水銀を含む医療機器について: 17日に行われた、スウェーデンでの水銀規制条約をめぐる国連の第1回政府間交渉委員会でWHOが「水銀を含む医療機器の段階的な廃止が望ましい」との見解。水銀を使用する医療機器と言えば、歯科では「アマルガム」が代表的。その他に、水銀の体温計や血圧計もありますが、WHOのアマルガムに対する見解は「アマルガムは耐久性に優れ、価格も安く、一般的に患者には金属への拒絶反応がある人を除き、安全と考える」とされており、見解の変更か?
100621: 治療中断の理由: 保団連の調査によると、治療中断の一番の理由は経済的な要因とか。
100616: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成22年03月末概数: 68,200(前月比+33)・(前年同月比+133)
100607: 行政刷新会議の「規制・制度改革に関する分科会」で混合診療に対して「手続きが柔軟かつ迅速な新たな仕組みを検討する」という報告書。
100607: 宮城県保険医協会のアンケートによると、4月の保険点数改正で保険請求額が増えたと感じる歯科医師は22%、減ったと感じる歯科医師は43%。
100602: 国保組合への補助金の見直し: 現在165国保組合中16国保組合(内歯科医師国保4)が一部負担金を無料としているが、批判をうけて来年度以降順次有料化へ。また、平均所得の高い国保組合への補助金を見直しへ。

100518: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成22年02月末概数: 68,167(前月比+12)・(前年同月比+140)
100512: 今日の参議院本会議で改正健保法が成立: 主な内容は、後期高齢者医療制度の支援金負担が定額から定率とするもので、高所得者の多い組合健保からの負担を増やし協会けんぽからの負担を減らすもの。
2010年からの3年間の支援総額は3.6兆円で、協会けんぽへの国庫補助が13%から16.4%に引き上げられるため、協会けんぽの負担は約850億円減、組合健保の負担は約500億円増、共済組合の負担は約350億円増となるようだ。

100416: 歯科を就職先として希望する若者が減少していると言われているが、そんななか石川県内の歯科関係の専門学校では今年の志願者が昨年の倍以上と人気を集めているとか。やはり、昨今の不況の中安定した就職先として見直されているということなのだろうが、良いのか悪いのか微妙。
100415: 本日鳥取市立病院に「口腔ケア専門歯科」が開設。入院患者を対象に「お口のケアで全身疾患の予防や健康の維持・向上を目指す」ということのようですが、特定の歯科疾患を対象としない、いわば予防的な行為って保険的にはどういう位置づけなのだろうか?
100409: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成22年01月末概数: 68,155(前月比±0)・(前年同月比+166)
100406: 神奈川歯科大学に70才の新入生が入学。
100401: 厚生労働省は保険医療費の審査・支払い業務の効率化の検討に着手。具体的には競争促進も含めた「支払基金」と「国保連」の組織体制の見直しによる低コスト化。

100331: 薬品のネット販売規制は適法: 平成22年3月30日東京地裁判決: 原告は「薬局の店舗販売が許されるのに、ネット販売を禁止するのは不合理な差別で違憲」と主張していたが、判決では「ネット販売では購入者の状態を目で見て判断したり、即時に相談に応じたりすることが難しく、規制は合理的で合憲」と判断。
100326: 松本歯科大学がインプラント時、顎骨を患者の細胞から再生する技術を確立したと発表。→ 「ヒト培養自己骨髄間葉系細胞移植による顎骨増生法」
100325: 昭和大学とロボットメーカーのテムザックが共同で、歯科実習用のロボットを開発
100317: 東京都内の歯科治療用機器販売が破産申請。負債額は約3800万円。
100317: 外国人歯科医の就労期限を撤廃へ: 法務省によると、高齢化と人口減少に対応するため外国人看護師と歯科医師の就労期限(歯科医は現在6年)を撤廃する方針で検討へ。外国人医師については人手不足を理由に2006年に撤廃しているそうだが、これって日本の医師、歯科医師、看護師の免許を持っているということを前提の話し?それとも母国の資格でもOK?そんなことはないと思いますが。
参考: やっぱり日本国内の資格がいるんですね、当たり前だが。
※ 「医療」で在留する外国人は、日本の国家試験に合格して免許を取得後、歯科医師が6年以内、看護師が7年以内、保健師、助産師、准看護師が4年以内に就労年数が制限されている。
100316: 鹿児島大学歯学部: 先の卒業試験の採点ミスで8人が留年した件で、「国家試験の合格率を上げるため意図的に採点基準を厳しくしてふるい落とした」と発表。この件で、歯学部長が引責辞任。
100306: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年12月末概数: 68,155(前月比−10)・(前年同月比+44)

100209: 長妻厚労相: 「中国製の歯科技工物から安全性に問題のある物質が検出された」という報道に対して、「輸入技工物についての具体的な基準の策定」を検討へ。
100208: 社会保障と税の共通番号制度の導入に向けた検討会が開催され、2013年度実施に向けて「社会保障番号」の議論を本格化へ。
100205: 中医協: 「医療機関が原則無料で明細書付き領収書を発行することを義務づける」ことを2010年度から実施することで合意。義務化対象は「レセコンを導入している」医療機関で、「現行通りに患者から求めがあった場合に発行するものとの模様だ。
100203: 中医協: 平成22年4月点数改正(案)
100202: 2008年度の国民健康保険の納付率は88.35%(前年度比-2.13%)で史上最低。町村部の納付率は92.08%、市部では87.91%。最高は島根県の94.19%、最低は東京都の84.26%。
100201: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年11月末概数: 68,165(前月比−12)・(前年同月比+36)

100128: 東京歯科保険医協会の調査によると、「子どもを歯科医師にしようと思う」歯科医は7%(1983年は23%)。又、歯科医療の将来については65%の歯科医が暗いと感じ、明るいと感じている歯科医は実に8%しかいないとか。
100113: オーラルケア製品開発メーカーのサンギが東北大学と共同で取り組んでいた「ハイドロキシアパタイト膜形成による全く新しいむし歯治療法」の研究開発に対して、独立行政法人科学技術振興機構からの支援が決定。
# 研究の概要: 歯の表面にヒドロキシアパタイトの微粒子を音速で噴射し、歯質と同じようなヒドロキシアパタイトの膜を作る技術。
100112: 2008年度の保険医取消状況: 2008年度の保険医取消医療機関数は33。保険医の取消を受けた医師、歯科医師、薬剤師は41人。返還総額は約36億6000万円(前年度比-18億9000万円)。前年度比で大きく減っているのは、社保庁から地方厚生局への移行の事務引き継ぎ上の問題とか。不正の発覚の主な原因は、「患者や職員からの通報が22件(全体の約2/3)。
100112: 高齢者の新保険制度(案): 厚生労働省によると、現在の高齢者医療制度に代わる保険制度として、「65才以上の人は原則国保加入とするが、会計上は65才未満の加入者とは別立てにして、その実態によっては保険料や一部負担金などにより応分の負担とする」方法が検討されているようだ。この場合の保険料は市町村単位では無く、都道府県単位で決めるとされているようだが、問題は現役世代の加入者をかかえる他の保険者がどれだけ、新保険システムの負担にをできるかということが問題のようだ。
100108: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年10月末概数: 68,177(前月比+79)・(前年同月比+69)

★ 歯科医療のTopics2009

091225: 平成22年4月診療報酬改定率が決まる: 12月23日の長妻厚生労働大臣と藤井財務大臣の折衝で、来年度診療報酬改定率をネットで+0.19%と決定。内訳は「診療報酬本体:+1.55%(医科:1.74%、歯科:2.09%、調剤:+0.52%)」「薬価・材料:-1.36%(薬価:-1.23%、材料:-0.13%)
091221: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年09月末概数: 68,098(前月比+45)・(前年同月比+22)
091218: 日歯連盟は理事会で、来年の参議院選挙での民主党支持の決定を先送りした。執行部は民主党支持を提案したが、地方では未だに自民党の影響力の強い議会があることなどが背景にあるようだ。
091215: 厚生労働省の足立政務官によると、来年の点数改正において本体(技術料)部分で+1.73%に相当する、6300億円の予算を念頭に財務省と折衝へ。
091204: レセプトオンライン請求義務化撤回を求めた大阪訴訟は大阪地裁に取り下げの通知を出した模様。今回の省令改正を事実上義務化撤回の方針と受け止めたようだ。
091204: 長妻厚生労働大臣によると、「現在2年毎となっている診療報酬改定を、1年毎や、随時改定に変更すること等、中長期的には時代に対応する必要がある」とのこと。
091203: 厚生労働省の政務三役は、平成22年4月の点数改正の改定率を+0.4%程度とする方針を固めた。内訳は本体引き上げ+1.8%、薬価引き下げ1.4%。

091128: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年08月末概数: 68,053(前月比−4)・(前年同月比−24)
注:平成20年医療施設静態調査の実施に伴い、平成20年9月以降を再集計したため、「医療施設動態調査(平成21年7月末概数)」として公表された数値とは異なっている。
091127: 保険診療の事業税の非課税は継続へ: 政府の税制調査会は11月26日、「早期の見直しは困難」と判断した。これで少なくとも来年度の事業税の保険診療に対する非課税は継続するようだ。
091119: 財務省は2010年度の診療報酬改定で総額では-3%程度の引き下げを目標とする。厚生労働省ではUPの方針だが、予算をめぐって財務省と各省庁との綱引きが活発化?まぁ、いつものことですが。
091116: 医療費値下げ?: 日本経済新聞の記事によると、財務省の予算編成の方針で、医療費総額では2〜3%の削減。個別では「医療費本体は最大でも横ばい」「薬価は先発品の見直しで約2,000億円の削減」「科毎の点数配分の見直し」など。当初、医師不足解消のために医療費の値上げが不可欠という意見もあったが、財務省では「医師不足と医療費総額には直接の関係は無く配分の見直しで対処可能」と見たようだ。
091116: 11月8日に開催された、日本歯科医師会が主催する「ベストスマイル2009」の著名人部門でタレントのベッキーさんと俳優の佐藤隆太さんが受賞。

091014: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年07月末概数: 68,203(前月比+42)・(前年同月比+128)
091023: 日本歯科医師連盟は理事会で、「来年夏の参院選の比例代表に候補者を擁立しない方針」を決定。
091023: 10月22日に、保団連がレセプトのオンライン請求義務化の撤回を求めて衆議院第一議員会館で緊急集会を開催。
091023: ロート製薬は「鮭の白子」の蛋白分解物「プロタミン分解ペプチド」が口腔内カンジダ菌を減少させることを確認した。
091020: 平成22年4月点数改正: 来年春の点数改正に向けて、民主党では従来中医協で決定されていた診療報酬改定について、改定率や基本方針を検討チームを立ち上げて策定の方針へ。
091008: 富士通は、レセプトオンライン請求対応の小規模診療所向け医事会計システムの廉価版「HOPE/SX-J 基本パック V13」を発売。対象の医療機関は、病院、診療所、歯科医院、調剤薬局。ハード、ソフト、導入費用を含めたシステムパックは無床診療所用で120万円から。
091008: 長妻厚生労働大臣は、「年間レセプト件数が3600件以下」「常勤の歯科医師が全て65才以上」などの医療機関をレセプトオンライン義務化対象から除外する方針へ。正式通知は11月上旬にも出る模様。

090919: 鳩山内閣の厚生労働省大臣は「長妻昭衆議院議員」、副大臣は「細川律夫衆院議員」「長浜博行参院議員」が就任。政務官は、「山井和則衆議院議員」と「足立信也参議院議員」が就任。
090918: 長妻厚生労働大臣は9月18日の記者会見で、後期高齢者医療制度を廃止し、「廃止しても保険料が上がる人がいないよう財政上の措置を考えている。連立政権内でよく議論したい」と公費注入の考えを表明。また、いわゆる社保と国保を段階的に統合して「地域医療保険」とすることも就任時に表明している。
090918: 日本歯科医師連盟の評議員会: 来年の参議院選挙で自民党から擁立予定であった歯科医師界候補の擁立を見送りへ。
090918: 日歯の大久保会長は、17日に設立した「歯学系学会 社会保険委員会連合(歯保連)」を認めず。
090918: 鳩山首相が、「2009年度補正予算の執行見直し基準を決定し全閣僚に指示」。(1)地方自治体以外への支出が伴う基金、(2)官庁などの施設整備費、(3)官庁などの備品購入費。 → さて懸案のレセコンの買い換えなどの助成金はこの対象となるのか?
090918: 協会けんぽの保険料UP: 協会けんぽは2010年度の保険料率の見通しを出したが、それによると現行の平均8.2%から9.1%程度へ大幅なUPの必要があるとのことである。なお、こういった時に補填する積立金も1500億円の赤字状態とのこと。ところで、健康保険法では国庫補助率は16.4%〜20.0%と決まっているそうだが、1992年以降暫定的に13%に据え置いているとのことで、この辺も改善の必要があるようだ。
090917: 長妻新厚生労働大臣は就任に際して後期高齢者医療制度の廃止を表明。
090912: 歯科医療費の動向: 平成21年05月(前年同月比): 歯科医療費総額:1,977億円(前年同月比-4.1%)。1施設あたりの歯科医療費:-4.3%。レセプト1件あたりの日数:-3.1%。1日あたりの医療費:±0.0%。
090912: 歯科医療費の動向: 平成21年04月(前年同月比): 歯科医療費総額:2,099億円(前年同月比±0.0%)。1施設あたりの歯科医療費:-0.5%。レセプト1件あたりの日数:-1.7%。1日あたりの医療費:-0.3%。
090912: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年06月末概数: 68,161(前月比+22)・(前年同月比+ 94)
090909: 新型インフルワクチン接種で日歯が厚労相に、「歯科医療従事者の明確な位置付けと、優先接種対象者へのワクチンの必要量の早急な確保」を求める要望書を提出。
090909: 広島大学歯学部は、NPO法人の支援として9月19〜23日にカンボジアに派遣する保健医療支援団の中核として歯学部の教授や研修医、学生等計11を派遣。保健医療支援団の合計は45人で、歯科の派遣は初めて。
090903: 平成19年度国民医療費: 平成19年度の国民医療費:34兆1360億円(前年度比+3.0%)・人口一人当たりの国民医療費26万7200円(前年度比+3.0%)・国民医療費の国民所得に対する比率:9.11%(前年度比+0.24%)

090829: Blumbergの記事によると、「米海洋大気庁の化学者が、歯科医療で使用する笑気ガスがオゾン層破壊の最大(40%)の原因になっていると指摘」。「規制が必要だ」と書いている。
090826: 8月23日に神奈川県技工士会が企画した、歯型彫刻コンテスト「ほるほる」が鶴見大学開館で開かれたそうです。これは歯科技工士を目指す技工士学校に通う学生を対象としたもので「高さ10cmの石膏棒を歯形に彫刻する」もの。
090821: アース製薬からハンディータイプの「マウスガード 除菌・洗浄スプレー」が発売。屋外で使用時に、直接スプレーすることにより除菌や洗浄ができ、マウスガードだけでなく、ナイトガードやスプリントにも使用可能。ひょっとして義歯にも利用できる?
090818: 国家公務員の給与の引き下げ: 人事院は今年度の国家公務員の給与を2.4%引き下げる勧告を出したが、医師確保の観点から、医師と歯科医師の給与は据え置く方針のようだ。
090818: 医療施設動態調査: 平成21年05月末概数: 68,139(前月比+38)・(前年同月比+ 99)
090810: 松風の2009年4-6月期連結決算によると、売上高:40億4,600万円(前年同期比-6.9%)、経常利益:3億1,900万円(前年同期比-28.0%)。
090803: 東京理科大&東北大&東京医科歯科大の研究チーム: マウスを使って、食べ物を噛むことができ、痛みなどの感覚を有する、ほぼ完全と言える歯の再生に成功。
090803: 医療機関の資金調達: 支払基金の「2008年度診療報酬等債権譲渡関係に係る譲受人状況」から。これは、支払基金から支払われる診療報酬の担保状況を集計したもので、歯科の担保先の70%以上がリース会社で、銀行が10%となっている。医科においてはリース会社が46%で、銀行が26%であるのと大きく異なっているようだ。
090803: 歯学部の志願者数(平成21年度): 日本私立学校振興・共済事業団の調査によると、平成21年度の私立大17歯学部の志願者数は5,723人(前年度比-35.2%)で、倍率は2.6倍(前年度は4.0倍)で調査以来の過去最低。定員の充足率は77.5%。
090803: @niftyは医療・介護・福祉業界向けの求人サイト、「@nifty求人情報医療介護求人」を2009年7月30日に開設。業種は「医療系:16業種」「歯科系:5業種」「介護・福祉系:12業種」。PC向け及び携帯向けのコンテンツがある。http://job.nifty.com/iryo-kaigo/

090728: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年04月末概数: 68,101(前月比+34)・(前年同月比+120)
090725: 茨城県内で、民主党を支持する医療福祉関係者の新政治団体が発足の模様。会員数は500人程度とか。
090725: 東京歯科保険医協会が厚生労働省に対して、「医療技術評価提案書」を提出。これは「歯科医療の新規技術の保健導入」の要望書で、その中には「@唾液を用いたカリエスリスク判定」「Aレーザーを用いた軟組織処置」「B歯周病原菌同定検査を用いた歯周病診断法」「C顎関節症の理学療法」「D歯科用CTを用いた3次元的画像診断法」などがある。
090724: 民主党の09年政策集によると、中医協を改革し「診療報酬は最終的には国会で議論して決定する」との方針。中医協改革の目的は「地域医療を守る医療機関を維持」で「医療費総額のGDPに対する比率」をOECD加盟国平均まで引き上げる方針のようだ。
090723: 佐賀県歯科医師会は、歯科衛生士不足の解消のため、離職している歯科衛生士の復帰支援として、講習会を企画。
090721: 東北大とリコー光学は、「活性酸素と可視光レーザーを照射」することにより強い殺菌力を有する「フリーラジカル」を生成して殺菌作用をおこす治療法により、例えば歯周ポケット内の歯周病起因菌に対して効果をあらわし歯周病の治癒率を高める研究プロジェクトを開始。
090717: 歯科医療費の動向: 平成20年度(前年度比): 歯科医療費総額+2.6%。1施設あたりの歯科医療費は+2.3%。レセプト1件あたりの日数は+2.7%。1日あたりの医療費は+2.8%。
090717: 歯科医療費の動向: 平成21年03月(前年同月比): 歯科医療費総額:2,218億円(前年同月比+2.6%)。1施設あたりの歯科医療費:+2.1%。レセプト1件あたりの日数:-1.1%。1日あたりの医療費:+3.0%。
090717: 厚生労働省: 2008年度の概算医療費は34兆1000億円と6年連続の過去最高。うち70才以上の医療費が4割を越える。
090716: 岩手医大付属病院歯科医療センターに歯科インプラント治療専門の口腔インプラント科を開設。治療費は1本約40万円、10年後の残存率は95%以上とか。
090715: 岩手医大歯学部予防歯科学講座の稲葉准教授と明治乳業の共同研究で、牛乳由来成分のCPP―ACP(リカルデント)を配合した乳製品に初期う触の修復作用があることを発見。
090709: 愛知県蒲郡市は、市の保健医療センターに障害者専用の歯科診療所を開設。
090708: クラレメディカルが倉敷市に予定していた歯科材料の新プラントは建設が凍結されていたが早ければ今年中にも着工の見通しへ。
090706: 愛媛県歯科医師会は県内の中高校生のクラブ活動に対して「マウスガード」を無料で提供。
090704: 日本歯科医師会主催の「第15回口腔保健シンポジウム」が東京で開催。
090702: 国民健康保険中央会: 2008年度の後期高齢者の医療費(速報値)は11兆2,935億円(1人あたり85万3,391円)。

090630: 松本歯科大学: 唾液に含まれるタンパク質の一種である「ヒスタチン」が別のタンパク質と結合して歯肉細胞を増殖させて口腔内の傷の治癒に影響。
090626: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年03月末概数: 68,067(前月比+40)・(前年同月比+139)
090625: 茨城県医師連盟に属する自民党員3,472人中1,266人が離党。
090623: 厚生労働省が設置を検討している「医療安全調査委員会」において、「警察に通報する範囲」は「故意に近い悪質な医療行為」に限定する方針を厚生労働省の研究班がまとめた。
090623: 政府は経済財政改革の基本方針「骨太の方針09」を閣議決定。「社会保障費の2200億円の抑制」は見送り。与謝野財務相曰く「社会保障分野の自然増については、たとえ借金をしてでもやらざるを得ない」。
090617: 歯科医療費の動向: 平成21年02月(前年同月比): 歯科医療費総額:2,025億円(前年同月比-0.7%)。1施設あたりの歯科医療費:-1.0%。レセプト1件あたりの日数:-3.3%。1日あたりの医療費:+2.9%。昨年はうるう年だったので、特にその影響は「1件あたり日数の大幅減」にあらわれているようだ。
090612: 国立大医学部長会議: 「財政審建議の医療費重点配分に懸念」を示し、「低医療費政策の見直し」「医師定員数増加」「大学病院の借入金約1兆円の解消」などの要望書をまとめた。
090604: 埼玉県吉川市で、協力歯科医院において、フロリデーション(水道水フッ化物濃度調整)による試飲を行った。
090601: 神奈川県厚木市で妊娠中の女性に、妊婦の歯科疾患を早期発見する「歯科健康診査制度」を開始。制度の概要:母子健康手帳交付の際に発行される歯科健康診査受診票を提示すれば、市内の90歯科医院で「歯と歯ぐきの診察、虫歯菌や歯周病の検査」が自己負担1000円で受けることが可能。

090529: 歯科医療費の動向: 平成21年01月(前年同月比): 歯科医療費総額:1,930億円(前年同月比+5.5%)。1施設あたりの歯科医療費:+5.2%。レセプト1件あたりの日数:-0.5%。1日あたりの医療費:+3.0%。
090522: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年02月末概数: 68,027(前月比+38)・(前年同月比+139)
090518: 兵庫県川西市歯科医師会は加入歯科医院63ヶ所にAEDを設置。
090514: 愛知県豊橋市歯科医師会は、市内で苦情が増えているインプラント治療について、患者への注意喚起を表明。
090512: 日本歯科医師会は日本財団と共同で不要になった金属を資金に「小児がん患者の治療施設整備やアジアでの小学校建設」を行うプロジェクト「TOOTH FAIRY(トゥース フェアリー)」を立ち上げへ。
090512: 中医協の専門委員として日本歯科医学会総務理事の住友雅人先生(日本歯科大学生命歯学部学部長)が3月より就任。※ 第142回中央社会保険医療協議会総会議事録より
090510: 福岡県粕屋地区(1市7町)歯科医師会では全会員の84歯科医院にAEDを設置。
090501: 熊本市内の歯科医院(病床数19)が5月1日から全国初めての歯科専門病院(病床数24)へ。

090430: 歯科医療費の動向: 平成20年12月(前年同月比): 歯科医療費総額:2,120億円(前年同月比+4.6%)。1施設あたりの歯科医療費:+4.3%。レセプト1件あたりの日数:-0.8%。1日あたりの医療費:+3.1%。
※ 1日あたりの医療費は10〜12月とも+3.1%〜+3.3%で推移。この辺のデータが平成20年4月の点数改正の結果をあらわしているか?もっとも、これには4月と10月の金パラの改定分も含まれるわけだが。
090425: 山梨県歯科医師会調査: 山梨県内の国保加入の65才以上の男女で2007年12月に歯科を受診し、2007年5月又は12月に医科に受診した約13,000人を対象に調査した結果、「アルツハイマー病など脳神経の疾患の有病者ほど、残された歯の数が少ない」ことが判明。
090423: 西日本を中心とした医師・歯科医師245人が「国に義務化取り消しと110万円ずつの損害賠償を求め」大阪地裁に提訴。
090422: 医療施設動態調査(歯科診療所数): 平成21年01月末概数: 67,989(前月比−35)・(前年同月比+110)
090421: 福岡県立歯科衛生学院(九州歯科大内)は来年度入試分から新規募集を停止し2011年3月に廃校へ。その一方、九州歯科大学が歯科衛生士の養成学科(4年制、定員25人)を開設。
090413: 歯槽骨の再生治療法: 徳島大学社会人大学院(歯科保存学)2年生が、「進行した虫歯に電磁波を照射して周囲の骨を再生する治療法」を開発。吸収した歯槽骨周辺に500KHzの電磁波を1秒間、数回照射すると殺菌効果と骨芽細胞が活性化して歯槽骨の再生がおきるとのこと。
090411: 厚生労働省の研究班の調査によると、海外の技工所への発注経験のある歯科医が7.4%にものぼったそうだ。そのうち7割は中国製とか。【調査時:2008年10〜12月、調査人員3,073人、回収率約66%)
090409: 先進医療を追加承認(歯科)
# 治療内容: 歯科用CAD/CAMシステムを用いたハイブリッドレジンによる歯冠補綴
# 適用症: 全部被覆冠による歯冠補綴が必要な重度齲蝕小臼歯
# 医療機関の要件: 常勤歯科医1名、歯科衛生士、歯科技工士がおり、実施症例数は5例以上。医療安全管理委員会の設置が必要だが、倫理委員会による審査は不要。
090403: 最近の医療費の動向: 平成20年11月分(前年同月比): 歯科医療費総額は1,982億円(前月比-7.9%、前年同月比-1.2%)。1施設当たり歯科医療費(-1.4%)、1件当たり日数(-4.2%)、1日当たり医療費(+3.3%)。
090401: 追加経済対策: 政府・与党が今月中にまとめると言われている、追加経済対策案によると「医療費の一部負担金の軽減」なども盛り込まれているようだ。財政規模は年額で5000〜6000億円と言われているが、どのような中身になるかは今のところ不明。

090326: 徳島県歯科医師会で「歯科診療バス」の披露式。
090323: アサヒプリテックが韓国に金属のリサイクル工場を建設。海外拠点は中国、マレーシアに続き3ヶ所目。
090323: ラクトフェリンの歯周病予防効果: 森永乳業と新潟大学の共同研究で、「ラクトフェリンがバイオフィルムの形成抑制除去作用がある」ことが判明。唾液中のラクトフェリン含有量は0.01mg/ml。また母乳(初乳)に多く含まれている。
090321: 自民党は19日、2011年4月から完全義務化方針であった、レセプトのオンライン請求についいて「請求件数の少ない医療機関や高齢の医師」などについて例外とする方向で検討にはいったようだ。
090319: 北海道議会が虫歯予防策で対立: 自民党は学校でのフッ素洗口を推進し、民主党は反対。
090317: 医療施設動態調査(歯科診療所数・平成20年12月): 68,101(前月比−28)・(前年同月比+222)
090311: 桝添厚生労働大臣: 中医協のありかたについて、「複雑な仕組みは見直した方がいい」という見解を示し、将来の機構?見直しに含みを持たせた。
090307: 最近の医療費の動向: 平成20年10月分(前年同月比): 1施設当たり歯科医療費(+0.8%)、1件当たり日数(-2.7%)、1日当たり医療費(+3.1%)、1施設当たり受診延日数(-2.3%)、歯科医療費(+1.0%)
090304: 三重県歯科医師会桑員支部では加盟の78全歯科医院にAEDを設置へ。歯科医師会が会員に無償貸与する方式。で総事業費は約1,600万円。

090227: 自民党医療委員会でレセプトのオンライン請求の義務化の先延ばしと義務化免除について求める意見が多数。報道では、「医療制度改革後退」という記事も。
090223: 医療施設動態調査(歯科診療所数・平成20年11月): 68,129(前月比+21)・(前年同月比+260)
090213: 厚生年金・社会保険病院は自治体や民間に売却の方針。売れ残って、地域医療における重要性が低い病院は廃止も。
090213: ナカニシは2009年度の業績(純利益)を前期比-30%へ下方修正。
090212: 厚生労働省: 2009年度に40〜64才の2号保険者が支払う保険料の見込額は年額50,246円(前年比+1.2%)。
090206: 松風の2009年4-12月期決算は売上は前年同期比+8.1%だったが、有価証券評価損で減益。
090206: 愛知学院大歯学部と国立長寿医療センターの共同研究グループが、「抜髄をせずに再生する治療法」を開発。→「患部にMMP3という酵素を塗り込むと、血管が再生し歯髄が再生する」とのことだ。

090130: クラレは岡山県倉敷事業所で年度内着工を予定していた歯科材料の新プラント建設計画を半年以上延期へ。
090124: 日本歯科技工士会の調査: 20才代の歯科技工士の離職率は75%を超える。
090123: 日本歯科大新潟生命歯学部は一般入試の成績優秀者10人を対象に6年間の授業料を半額へ。1人あたり総額で1,320万円。
090121: 薬用オーラルケア市場: 医薬部外品市場調査: (株)富士経済によると、2008年の医薬部外品市場は1兆978億円で横ばい。2009年予想は1兆992億円。薬用オーラルケア市場は799億円(前年比-0.6%)。2009年は801億円を見込む。
090121: 神奈川県を中心とした34都府県の医師・歯科医師約1000名が、「レセプトオンライン請求義務化は営業の自由を保障した憲法に反する」として提訴。
090120: 政府は2009年(限定)の雇用保険料の保険料率を「1.2%(労使折半)」から「0.8%」へ引き下げの方針。ただし雇用保険法改正案を本国会に提出して成立しての話。
090116: 花王のヒューマンヘルスケア研究センターは、「年齢とともに、歯本来の白さは失われ黄ばんでくること、その原因の一つは、エナメル質内部の構造変化に影響されること」、「これらの現象と唾液分泌低下にともなう口内環境の悪化が関連し、さらに歯のツヤにも影響していたことから、口内環境の悪化は歯の美しさ(白さやツヤ)を失う要因の一つになっている可能性」を示唆。
090115: インターログが歯科医院向け予約/顧客DBシステムを発売
090114: 2008年上半期の国保医療費: 2009年1月13日:国民健康保険中央会発表
2008年上半期の後期高齢者医療制度の医療費は5兆5697億円(1人当たり424,090円)。最高は福岡の436,003円。最低は長野の349,459円。ただ、入院医療費に限れば最高は高知県の286,408円。最低は静岡の150,236円。全国平均は198,180円。
一般国保の医療費は5兆2796億円。市町村国保の一人当たりの医療費は137,515円で最高は広島の168,940円。最低は沖縄の115,612円。被保険者数は、一般国保は3987万人、後期高齢者は1313万人。
090113: 国立病院機構傘下病院の赤字: 2008年3月時点において、146の国立病院うち39病院が債務超過。2007年度決算においては、52病院が赤字。

★ 歯科医療のTopics2008

081227: 社保庁集計: 旧政管健保の保険料滞納事業所は2008年9月末現在約16万4500(5月に比べて+4万ヶ所)で加入事業所の1割にも及ぶとのこと。
081223: 岡山市内で岡山県保険医協会が主催した「厚生労働省による保険医の指導や監査の在り方を考えるシンポジウム」が開催。
081220: 愛知県は名古屋市の県立歯科衛生専門学校を2011年4月に廃止と発表。
081219: 改正国民健康保険法成立: 「親が保険料を滞納している場合でも、中学生以下の子どもには6ヶ月の短期保険証を交付。」「平成21年4月1日施行」「対象者は現状では約33,000人と言われる。
081219: 厚生労働省: 協会けんぽの都道府県毎の保険料率の試算は、最高:北海道(8.88%)、最低:長野(7.84%)で約1%の格差。現行は全国一律の8.2%。
081216: 歯科診療所数:68,076(前月比−1)・医療施設動態調査(平成20年9月末概数)
081213: 東京で、日本歯科医師会と毎日新聞社が共催した「なくそう減らそう歯周病」のシンポジウムを開催。
081213: オリエントコーポレーションは、2009年2月より「医・歯学部」の学生の学費を一括して大学に支払い、分割で返済するクレジット商品の「ドクター奨学プラン」を開始。無担保で最高2000万円。
081213: フレンテ・インターナショナルは乳酸菌LS1を有効成分とする食品に関する特許を取得。LS1はヒト口腔内由来の善玉菌で、歯周病菌を抑制し、う触の発症・再発を防止する働きがある。
081206: 第11回日本歯科人間ドック学会で、ライオン歯科衛生研究所を初めとした研究グループが「高齢者向けに口腔機能を総合的に評価するシステムを開発」を発表。
081204: 日本歯科医師会と読売新聞社が主催する8020運動の20周年記念シンポジウムが開催。
081120: 厚生労働省調査(身体障害者の入所施設など障害福祉事業者の経営実態調査結果): 常勤職員の年収は約225-415万円(ホームヘルパー約258万円、障害者支援施設の生活支援員約339万円、相談支援専門員約415万円)
081119: 厚生労働省: 2007年度におけるインフルエンザワクチン接種で副作用が疑われるケースは122例。
081115: 補助犬の実働頭数(厚生労働省): 盲導犬:996頭(平成20年3月31日現在) ・介助犬:042頭(平成20年11月1日現在)・聴導犬:018頭(平成20年11月1日現在)
081114: 帝国データバンクによると、2008年1-10月の全国の医療機関の倒産は27(内歯科は8件)件と昨年1年間の48件に比べて減少。
081113: ワコムとシステムインテグレータの株式会社岡山情報処理センターは、大規模歯科医療機関向け電子カルテシステムの拡販を目的として協業で合意。
081108: 簡単採血で歯周病判定: 岡山大大学院医歯薬学総合研究科の研究グループは微量の血液で歯周病の感染状態を調べる検査法を確立したそうです。採血は指先から1〜2滴行い、それを検査機関に送ると1週間ほどで結果がでるそうです。キットの販売はサンスターからか?
081106: USENが医療機関向けのレセプトオンライン請求サービスを発売。サービス名称は「GyaO SA(ショッパーズ・アクセス)レセプトオンラインサービス」
081105: 11月8日(いい歯の日)にちなんで、女優の黒谷友香さんが「歯ヂカラ女」の称号をうける。
081101: 厚生労働省: 2008年9月現在の(医師、歯科医師、獣医師、薬剤師)の求人倍率は6.29(前年は5.51)倍。看護師などは2.56(前年は2.36)倍
081030: 政府・与党: 2009年度介護報酬改定で3.0%引き上げの方針。
081023: 相馬歯科医師会: 全会員(50人)にAEDを設置。
081015: クラレメディカル、岡山県倉敷事業所に約55億円を投じて歯科材料の新工場を建設へ。クラレメディカルはコンポジットレジンとボンディングのシェア国内トップで、海外売上高が60%を超える。現行年90万セットの生産を110万セットへ。
081014: 東京都千代田区で10月から区が指定する歯科診療所で口腔機能訓練を受けられる事業を開始。
081005: 東京医科歯科+中部大のグループ: トケイソウに含まれる「ハルミン」が骨芽細胞の増殖に効果があることを発見。歯周病の治療薬として期待。エムドゲインに代わる?
081003: 保険者の直接審査: トヨタとNECの健保組合が、調剤薬局のレセプトを直接審査へ。これは政府の規制緩和策の一環として2007年1月10日の厚生労働省通知をもとに可能になったものであるが、直接審査の実施は初めての模様。なお、医療機関の直接審査の例はまだ無いようだ。
081001: ライオン歯科衛生研究所: 歯周病とメタボリックシンドロームとの関連性の調査結果: メタボ指標の4項目で高いリスクが認められた人は、歯周ポケットがある確率が高かった
080929: 厚生労働省: 2009年6月から、医薬品卸の販売先の規定を統一。これは、現在販売できる業種が都道府県毎に異なっているのをうけて、省令で全国統一基準とするもの。今までは「薬局」「医療機関」が販売先として定められていた他は都道府県の判断に任せられていたが、省令で「国」「地方自治体」「助産所」「歯科技工所」「航空運送業者」「船舶事業者」など14業種を追加。
080925: 医療費動向: 厚生労働省が7月16日に発表した平成19年度の医療費動向によると、歯科診療所の平均医療費は3,592万円(前年度比-24万円)。病院歯科は6,488万円(前年度比+14万円)
080922: 自民・公明の両政調会長と厚生労働相は後期高齢者医療制度の見直しにむけて協議を進めることで合意。
080912: 国立病院機構: 全国146病院で、明細書の無料発行を開始へ。
080909: 山梨県富士吉田市立病院: 今月から患者の呼称を「様」から「さん」に変更。
080909: 北海道医療大歯学部で内視鏡(直径1.1mmで世界最小級とか)で唾石の摘出手術を開始。ただし薬事法の承認はまだのようだ。これが実用化されれば切開の必要が無く、朗報。
080909: 酒の飲み過ぎで歯周病に: 岡山大学の予防歯科の研究班の研究結果によると、「アルコールにより肝機能が低下し、それによって活性酸素が増え歯肉を痛め歯周病にかかりやすい」とのこと。
080909: 日医: メディダス(運営は日医総研)が2001年からInternetを通じて行ってきた医療・介護経営実態調査)を2009/02末で中止。
080905: 厚生労働省: 2007年雇用動向調査によると、2007年に新たに仕事に就いた人が仕事を辞めた人を14年ぶりに上回る。
080905: 与党方針: 75才以上の後期高齢者の負担を2009/01から元の1割へ。
080904: 神戸市灘区の医歯薬剤師会で会員の診療所などにAEDの設置を開始。
080903: 厚生労働省: 来年度の政管健保の保険料、現行の8.2%から0.1-0.2%引き上げの方針。
080902: 2006年度歯科医療費: 厚生労働省が8月28日に発表した「2006年度国民医療費の概況」によると、2006年度歯科医療費2兆5039億円(前年比-727億円)。なお国民医療費は33兆1289億円(対国民所得費8.88%・前年は9.04%)。
080827: 中医協: 金パラの改定について、改定の頻度や乖離率の条件などの議論を行うようだ。
080821: 産総研: 親知らずの細胞から新型万能細胞(iPS細胞)を作製することに成功。
080731: 私立大学の約半数が定員割れ: 今年の春の入学で定員割れをした私立大学は約47%で昨年の約1.7倍。特に、福祉、歯科、薬科などの定員割れが目立つとのこと。
080729: AEDの回収情報がでています ⇒ 参考
080722: 日本医大: 水素水を飲むことによって記憶力の低下を抑制できることを動物実験で確認。また水素が活性酸素を除去し、脳梗塞の発生を半減させるとのこと。
080716: レセプトオンライン接続サービス: NTTデータでは今年の9月からレセプトオンライン接続サービスを提供。VPN(プライベート接続網?つまり、公衆回線をあたかも専用回線であるかのように利用できるサービス)と、暗号化技術(IPsec・IKE)を使用。これで、@nifty(富士通?)のサービスに続いて二つ目?問題は金額だが。
080715: 政府方針: 来年度予算概算、社会保障費2200億円抑制。公共事業も3%減。
080709: 無煙タバコの発癌リスク: WHOの研究によると、「噛みたばこ」や「嗅ぎたばこ」と肺ガンの関係は無いものの、「無煙たばこ」の使用によって口腔ガンの発症リスクは80%増加するらしい。また、「噛みたばこ」や「嗅ぎたばこ」によって食道ガンやすい臓ガンの発生リスクが60%増加するとのこと。
080707: niftyがレセプトのオンライン請求接続サービスを開始: 『健康保険組合などへ健康保険などの報酬を請求するために提出するもの。同サービスでは、厚生労働省のガイドラインに準拠したオンライン請求システム「FENICSメディカル・グループネットサービス」(富士通)を利用し、回線はUSBキーを使ったVPN接続でデータセンターでの認証や審査支払機関のみと特定接続』とのことです。料金は初期費用が31,500円、月額1,890円とのこと。
080704: 大阪の歯科医が、正確で手軽に顎関節症を診断できるシステムを開発。原理は、「超小型マイク内臓のイヤホンを患者の両耳に装着。関節音を録音して市販の音楽ソフトで波形をチェック」。
080630: 坂出歯科医師会: 香川県坂出市内の29歯科医院にAEDを設置。
080620: 厚生労働省安全対策調査会の作業部会: タミフルの中枢神経への影響は確認されなかった。もっとも確認されなかったから安全とは言えないのだが。
080617: 愛媛県立歯科専門学校は閉校へ。県は愛媛県歯科医師会への譲渡について検討していたが歯科医師会は引き受けを断念。
080605: 政府の規制改革会議: 支払基金のレセプトの審査・支払い業務について最低ランクの評価。
080527: 厚生労働省研究班: ビタミンB群(特にB6)を食事で多く取る人は心臓病になりにくい。
080527: ドミニク・ミショー博士(インペリアル・カレッジ・ロンドン): 歯周病歴のある男性の調査で、「歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のがんのリスク増大と大きな関連性があった」とのこと。
080521: 厚生労働省: 2007年の国内の新HIV感染者は1082人。発症患者は418人と過去最多。
080514: 厚生労働省研究班: ビスフェノールAは乳幼児に対しては現在の安全基準よりも少ない量でも生殖機能を乱す可能性がある。
080430: 厚生労働省: 生活保護患者に原則として後発薬を使うよう指示した通知を撤回する通知を発出。
080430: 厚生労働省: 桝添厚生労働大臣は、後期高齢者医療制度の見直しを検討。具体的には低所得者の負担軽減策など。
080428:  歯の数減ると医療費アップ
北海道国保連合会: 2007年5月分の103,418件のレセプトを調査したところ、20本以上歯がある人に対して、4本以下の人では歯科以外の医療費が1.6倍も高い。また、歯が無くなっていても入れ歯などを入れている人よりも、入れていない人の方が1.12倍。
080427: 厚生労働省: 生活保護受給者への投薬の際は後発医薬品の使用を促進。受給者が従わない場合には生活保護手当ての支給制限も。
080424: 松江市歯科医師会: 全80歯科医院にAEDを設置へ。
080421: 健康保険組合連合会: 2008年度は高齢者医療の負担金がかさむため9割の健保組合が赤字となり、その総額は6000億円に及ぶ見通し。
080419: 山口大加藤教授等: 花粉症に効果がある「飲むワクチン」を開発。約80%以上で症状改善。
080418: 日本アンチエイジング歯科学会: アンチエイジングアワード2008で女優の五大路子さんが受賞。受賞条件、(1)歯科的に健康であること、(2)心身ともに美しく、健康的に年を重ねていること、(3)広く国民に好感を持たれていること。
080416: 厚生労働省研究班: 乳製品を多く摂る男性の前立腺癌の発症率は、乳製品の摂取が少ない男性の1.6倍。
080401: 東京海上キャピタルが昭和薬品化工を買収へ。
080326: 厚生労働省: 4月から混合診療の範囲を拡大することが中医協で了承。具体的には、「薬事法で承認されていない医薬品と医療機器を治療で使った場合でも、一定のルールに基づけば保険併用を認める」とのこと。
080324: 東京医科歯科大などの研究グループ: 急性アレルギー(アナフィラキシーショック)反応の新たなメカニズムを発見。従来、アレルギー反応の原因は抗原と抗体(IgE・免疫グロブリン)の反応と言われていたが、IgGも激しいアナフィラキシーショックの原因となることを発見。
080322: 米テキサス大学衛生科学センター: アメリカで清涼飲料を原因とした酸蝕歯が増加。またアスピリン等の薬剤の常用や嘔吐を繰り返す過食症も酸蝕歯の原因。
080318: 北海道苫小牧歯科医師会の設立60周年記念事業として、AEDを購入して各歯科医院に貸与。組織的な導入は埼玉県歯科医師会に続くもの?
080312: 社保庁: 政管健保の収支見込みは2007年は1,577億円の赤字、2008年度は1,700億円の赤字。要因は医療費のUPや後期高齢者医療制度への支援金。
080312: 厚生労働省研究班: AEDの設置台数は、一般の人も使用可能となった2004年7月以降約20倍に増えている。なお2007年12月末現在の設置台数は約12万9000台で、2007年1年間でほぼ倍増しているとのこと。
080311: 中小企業退職金共済の2007年度収支
厚生労働省の発表によると、中小企業退職金共済の2007年の収支は-1,104億円と5年ぶりの赤字。累積損失は約1,255億円に増加。うちでもかつては従業員の退職金の積み立てに中退金を利用していましたが、今では自主運営に切り替えています。
080306: 札幌市立病院医師法違反裁判: 2008年3月6日札幌高裁判決: 被告の控訴棄却で、「医師法違反」として札幌地裁の「罰金6万円」の判決を支持。判決理由:「各医療行為はいずれも医師が行うのでなければ保健衛生上危害を生ずる恐れがあり、医師法に違反する」。
080305: 厚生労働省: 薬価の引き下げ幅は5.2%: でも、はたして薬価の引き下げは患者にとって良いことか?国内での新薬開発意欲の低下により結局将来の不利益を助長するような気もするが。
080303: USA TODAY発: アメリカでは、多くの保険会社が保険の給付範囲を制限し、かつ保険料を値上げしているとのこと。保険会社の広報担当曰く「保険会社は利益になるカバー範囲を考えているだけ。会社としては当然のこと。」とあるように、アメリカの医療保険は営利であるため、すぐにこういった結果に結びつく。
080303: 厚生労働省: レセプトのオンライン請求に係るセキュリティに関するガイドラインの改定通知を出し5月請求分から適用。
080301: 厚生労働省: タミフルで劇症肝炎の報告があったとして注意喚起。2001年の発売以来、タミフルが原因と思われる劇症肝炎による死亡例が2例報告されたとか。
080226: 社会保障国民会議議長: 保険料と税で負担する公的医療費は、今後適用(給付)対象を広げず、民間保険に担わせる意向。→とすれば混合診療でしょうね。
080226: 舛添厚生労働相: 衆院予算委員会で、パート社員の3割が国民年金保険料を滞納していることに対して、「国民年金も厚生年金と同様に、事業主が給与から保険料を天引きできる制度」を、検討。これに対して福田総理も同意。
080226: 口腔年齢: 大阪歯科大学の口腔衛生学講座の神原教授が考案したもので、以下のような要素から算出する。
(1) むし歯や処置歯では無い健全歯の本数をチェック。
(2) 歯肉: ポケットが浅く、歯石や出血が無い。
 口腔内の6つのポイントについて検査し、パソコンソフトに入力すると「歯科疾患実態調査」などの統計をもとに口腔年齢が算出される。
080213: 厚生労働省エイズ動向委員会: 2007年の国内でのエイズ感染者は1048人で初めて1000人を突破。延べ感染者数も9392人に。なお、2007年の新規発病者数は400人で前年より微減。
080213: 中医協が平成20年度の診療報酬改定案を答申。
080207: 科学技術振興機構(JST): 大阪大学大学院歯科研究科の研究結果をもとに和田精密歯研に製作を委託していた「コンピューター断層撮像(CT)画像から歯科インプラント手術用医療器具サージカルガイドを高精度に量産する技術の開発に成功」と発表。
 サージカルガイドは医療機器として届け出済みで販売を開始のもよう。この技術によって「CTで撮影した患者の顎骨部の画像から3次元画像を構築し、コンピューター上で患者の残存歯や骨の状態に合わせて人工歯根の最適な埋め込み位置をシミュレーションし、そこにドリルを導くサージカルガイドを設計できる」ということらしい。
080130: 三原市&市シルバー人材センター: 会員として働く高齢者の医療費が、会員でない同じ世代の高齢者の医療費よりも4割も少ないとのこと。従って、「働くと医療費減少」というわけだが、逆も真なりで、「働く高齢者は、医者にかからなくても済む元気な人」ということも。
080126: 産業医科大学調査: 新型インフルエンザが流行したら、看護師の31%、技師や事務員の23%、医師の17%が転職を考える。
080125: 厚生労働省: 2008年度の国民年金と厚生年金の金額を据え置き。これは2007年の消費者物価が横ばいだったため。老齢基礎年金(40年加入)66,008円
080125: 前橋市で中医協の公聴会: 医療現場から、医療政策に対して改善を求める意見が相次いだ。
080124: 厚生労働省: 厚生労働省は2008年度中にも退職者情報を市町村に連絡する方針。これにより、医療保険において、いわゆる社保本人から市町村の国保退職への加入促進を図る。
080123: 社会保障カード: 厚生労働省では(仮称)社会保障カードのの導入を検討中で2011年にも交付する予定。これは、「年金」「医療保険」「介護保険」の各社会保障制度の役割を付加したカードで、これを利用すればInternetを通じて自分の年金記録や医療記録などが閲覧できるようになる。
080120: 東京大医科学研究所: 「重度の歯周病で顎堤の吸収が高度な症例で、顎骨に骨髄細胞を入れ、骨を再生させる治療が成果をあげている。」とのこと。ただ、現時点では「得られる細胞の質や増え方にばらつきがあること」らしい。
080119: 厚生労働省: 人材派遣におけるマージンは1日8時間労働で約5000円。派遣費用の30%を越える。
080117: 社会保険庁: 国民年金保険料の支払いを3月からクレジットカードでも可へ。
080117: 東京商工リサーチ発: 2007年の医療機関の倒産は52件で1989年以降の最多
080116: 厚生労働省: 平成20年4月医療保険点数改正を諮問。
080112: 国民健康保険の保険料納付率が2年連続の上昇: 厚生労働省: 2006年度の国民健康保険の保険料納付率(速報値): 90.39%(前年比+0.24%)と2年連続の改善。ありゃ?そんなに納付率が高かったの??
080112: ソネット・エムスリーとメディカルネットとの提携: ソネット・エムスリーはメディカルネットと提携し歯科医向け事業を共同展開し、歯科医向け専門サイト「m3.com Dentist」を開設する。
 メディカルネットは資本金2942.5万円、従業員26名で歯科医院の情報掲載等を中心とした専門ポータルサイトの運営を行っており、日本の歯科医院の10%弱の約6000の歯科医院が登録している。
 ソネット・エムスリーは資本金約11億円、従業員数41名。運営するm3.comは主に医科向け情報で有名だが、歯科医師の登録数は約7000にも登る。
080109: 厚生労働省事務連絡: レセプトのオンライン請求に係るセキュリティに関するガイドライン」等の改定に向けた検討状況: 詳細はわかりませんが、通信システムはISDNやIP-VPNのみとされていましたが、回線の選択肢が広がるようですね。
080108 個人の病歴や健康情報データベース 
政府が、国民の病歴や健康診断の結果などの医療情報のデータベースを作成し、Internetなどで閲覧するシステムを構築の方針。アクセスのし易さと情報漏洩の防止の相反する課題にどう取り組むかが問題か?
080107: 富士経済: 2009年のジェネリック医薬品市場は3,379億円(金額ベースで医療用医薬品市場の約5.0%)と予測。ちなみに2006年は2875億円(4.6%)、2007年は3091億円(4.8%)。
080104: 日本口腔外科学会: ビスフォスフォネート使用者の歯科治療後の顎骨壊死例が30以上とのこと。なお骨粗鬆症患者は1000万人に上り、その10%の患者がビスフォスフォネート製剤を服用しているとのこと。
080104: 神奈川歯科大学高次脳口腔科学研究センター: 睡眠中の歯ぎしりが、ストレスを発散し、胃かいようの予防に効果を発揮していることが判明。

★ 歯科医療のTopics2007

1221: 厚生労働省: 2006年医師・歯科医師・薬剤師調査: 2006年末の歯科医師数は97198人(前回調査比+2000人)。
1217: 政府与党は平成20年点数改正で、医療費本体(技術料)を0.38%のUPとすることを決定。ただし、薬科などは1.2%の引き下げとなるので、全体では0.8%のダウン。
1214: 諮問会議が混合診療の全面解禁を見送り: 混合診療の全面解禁を訴えていた政府の財政諮問会議は、12月14日「現行の保険外併用療養費制度の実効性をあげること」を前提に、全面解禁を見送った。
1213: 10%が開業医を辞める: 長崎県保険医協会の調査ですが、レセプトのオンライン化が実行されれば開業医をやめるという医院が、医科、歯科とも約10%の人が開業医を辞めるといっています。理由として「新たなシステム導入に見合うだけの収入がない」「請求システムの操作に対応できない」「機器の設置場所が確保できない」などが多かったですが、意外に歯科医院を削減させる裏技の効果も考えての施策ですかねぇ?
1206: 京都: 「入れ歯をのどに詰まらせた患者に適切な処置をせずに死亡させた」として医師を業務上過失致死で書類送検。総義歯だとX線には映らないので要注意ですね。
1206: 名古屋大: 乳歯から骨や神経など様々な細胞に分化する能力を持つ「幹細胞」を取り出し、再生医療に役立てる研究をするための、「乳歯幹細胞研究バンク」を学内に設立。

1130: コロンビア大: CTスキャンの使用頻度が急増していることにより、将来のガン患者のうち2%を、CT検査の原因でしめられるおそれ。
1128: 厚生労働省調査: 平成19年9月調査では、医薬品の価格の平均乖離率は6.5%。特定保険材料では8.9%。
1122: 厚生労働省: 医療費の不払い対策として、入院前に保証金を徴収することを認める方針。
1117: 政府・与党: 歯科医師削減のため、歯学部の統合・再編により入学定員を10%削減目標。また、国家試験の合格基準を上げて合格者を絞り込む方針。
1109: 広島大歯学部学生クラブ「バイテック」: 唾液に含まれるむし歯になりにくい乳酸菌をもとに、むし歯抑制ヨーグルトを試作。
1107: 東京地裁判決: 混合診療禁止は違法
1101: 歯科口腔外科の不正請求で保険医取消となった静岡県藤枝市立病院は、取消から1ヶ月の11/01に再指定。歯科口腔外科は無期限の休止状態。

1030: 花王: 歯磨き剤の年齢別選択価格: 20歳代以下195円 ・ 30歳代198円 ・ 40歳代228円 ・ 50歳代265円 ・ 60歳代270円
1023: 高崎市の歯科医らが、歯のレントゲンをもとに遺体の身元確認を行うシステムを開発。
1022: 香川県歯科医師会: 歯が4本以下しか残っていない老人は、20本以上残っている人よりも年間平均で25万円以上医療費を多く使っている。また、歯周病のあるなしでも医療費に約78000円の差が生じ、歯周病がある人は全身の健康にも影響を与えているものと推察される。

0927: 大阪府が医師の業務負担軽減のため医療秘書の導入を検討しているとのことである。ただ医師法や医療法でどの程度まで業務が可能か判断が難しく今後の検討課題とのことである。
0927: 厚生労働省: 医師・歯科医師77人の行政処分を発表。この数字は過去最多の人数。なお、77名中戒告10名。

0825: 2005年度の国民医療費は約33兆円で前年比+3.2%で過去3年連続最高を更新。国民所得に占める医療費の比率は9.01%で過去最高。国民一人あたりの医療費は約26万円で前年比+3.1%。
0804: 埼玉県歯科医医師会会員の全歯科診療所にAEDを設置。
0804: テリスロマイシンで副作用の恐れ: 数年前、歯科医院における処方で交通事故を起こして問題になりましたが、今回再度厚生労働省から「服用後に意識を失ったり、肝障害などの副作用が生じる恐れがあると」の注意情報が出ています。

0707: 日歯会員死亡原因調査(平成18年): 1位悪性新生物、2位呼吸器疾患、3位心臓疾患、4位脳血管疾患、5位自殺。特に注目すべきは5位の自殺で33人で増加傾向とのことである。

0628: 東京都内の病院における歯科医の麻酔研修で、19病院中11病院が国の指針を逸脱しているとして指導。
0622: 輸入入れ歯で受けた損害の責任は国にあるとして80人の歯科技工士が国を相手に8000万円の損害賠償請求。
0605: 松下電工: 歯肉細胞の増殖活性が通電刺激によって高まることを確認。歯肉細胞の増殖活性により、歯肉炎の予防・改善が期待される。

0515: 経済財政諮問会議では、後発薬の使用割合を30%に倍増させることにより5000億円の医療費が削減可能と試算。厚生労働省では2012年度まで30%以上にするとの目標。
 財政制度等審議会では保険給付の算定基準を後発薬にすると1兆3000億円の医療費が削減され、国費ベースでは3000億円の節約になるとの資料を提出。
0511: 北海道医療大+産業技術総合研究所: 露髄したむし歯の神経をとらずに治療する方法を開発。コラーゲン等を含む物質を齲窩に塗布し象牙質を再生させる手法。5年後に実用化とのこと。
0502: AHAが歯科処置のための抗生物質の予防的投与に関する勧告を改訂 : 米国心臓協会が感染性心内膜炎の予防ガイドラインを改訂し、歯科処置のための抗生物質の予防的投与は特定の患者にのみ必要と勧告

0427:  効率的なフッ素による歯質強化
 松下電工+東京理科大: ph条件などによりイオン化した薬物を泳動により輸送を促進する方法(イオントフォレシス)を利用して歯にフッ素イオンを導入し歯質を強化することができることを検証。具体的にはパルス通電(断続的な通電)を利用。
 4%フッ化ナトリウム溶液中に牛の抜去歯を5分間浸漬したのにたいして、4%フッ化ナトリウム溶液中で、牛の抜去歯に15V、5分間通電させた場合にはフッ素導入効果は約5倍の1000ppmであった。そして、0.1ms(1/10000s)通電、0.01ms通電中止を5分間継続した場合のフッ素導入効果は直流の約1.2倍。
0421: 平成20年点数改正の作業スケジュール
(1) 平成19年4〜6月: 各部会・分科会等における議論
(2) 7月: 検討項目(案)提示(平成18年度改定では07/13)
(3) 9〜10月: 検討項目提示(平成18年度改定では09/28)
(4) 11月: 改定項目について、基本小委員会等において集中議論
(5) 平成20年1〜2月: 診療報酬点数の改定について諮問・答申(平成18年度改定では、諮問01/11、答申02/15)
(6) 4月: 平成20年度改定・後期高齢者制度施行
* ただし一部にはスケジュールが押すと改定作業が大変なので実施を4月からずらすという意見もある。
0406: 米国歯周病学会誌: タバコの煙によって歯周病が進行することが動物実験で証明
0414: 厚生労働省: 処方箋の書式を後発薬の使用を前提としたものに変更の方針。
0401: 医師等資格確認検索: 4月から厚生労働省のホームページで医師や歯科医師の資格検索ができるようになった。

0323: 東京大学医科学研究所: 培養細胞を用いて歯のエナメル質を再生することに成功

0228: 愛知県歯科医師会: 今年の10月から、歯科治療時のパノラマをもとに、骨粗しょう症の疑い等を調べる事業を県内全域で始める。
0228: 厚生労働省(医道審議会): 有罪確定の医師・歯科医師、66人処分を処分。処分者総数は過去最多。これは刑事処分者の情報を2004年2月以降法務省から情報提供されるようになったことが一因とか。
0222: 厚生労働省発: 明細付き領収証の発行医療機関は55%。ただし希望者だけへの発行が43%で、全患者に対して発行の40%を上回っている。また発行している医療機関の90%では手数料が無料。
0220: 社会保険庁改革関連法案: 社会保険庁廃止後の非公務員型の公法人の名称は「日本年金機構」。業務は4分割へ。
0219: 東京理科大・大阪大: 歯を再生したり、薄くなった毛髪の復活技術を開発。この技術が実用化されれば、人工臓器の開発に応用が可能。
0218: 厚生労働省: 中医協の歯科代表委員を2名から1名に減員を決定。
0216: 厚生労働省: 悪質な医療費滞納者に対して医療機関が保険者に滞納を通知し、保険者が支払いを促す仕組みを導入。
0211: 中医協報告: 平成18年4〜9月の歯科医療費は対前年同期比2.6%のマイナス
0211: 中央社会保険医療協議会: 平成18年10月1日現在、55%の医療機関が明細付き領収書を発行していたが、すべての患者に発行しているのは4割で、患者が希望した場合だけ発行する医療機関が5割強。
0201: 産業技術総合研究所と北海道医療大学の研究チーム: 重度のむし歯で神経を抜かずに治療する新技術を開発。これは歯のタンパク質をとりだして、むし歯の部分に処方すると歯の再生が期待できるのだそうだが、歯髄が感染している場合にはどうするのだろう?もともと、感染していない歯髄を残す方法は従来から有るわけだから、神経を抜かずに済むというのは、できれば感染歯髄に対する対処であることが望まれるだろう。
0201: 日本病院会: 会員アンケートによると、勤務医の26%が医療訴訟の経験があるか、それに繋がる医療紛争の経験があるとか。そしてその中の6%が実際に医療訴訟を起こされた。
0201: 日本歯科保存学会および日本補綴歯科学会から両専門医の標榜と広告に記載することを認める申請が厚生労働省に出されているようだが、日歯は厚生労働省の照会に対して平成18年12月22日に「同意しない」むねの回答をした。

0130: 神戸地裁判決: インプラント後の感染による咀嚼障害で4級の身体障害状態になった医療事故で2200万円の賠償命令
0116: 東北大病院で2003年、新生児に100倍の量の投薬を行って死亡させた、薬剤師と監査担当の薬剤師を業務上過失致死で書類送検。歯科では、小児への投薬量や体重による投薬量の計算を間違えないように注意が必要ですね。
0111: 政府方針: 2011年4月から全面導入予定の診療報酬請求のオンライン化を1年程度前倒しする予定。
0111: 名古屋市大病院: 患者45人の個人情報入りパソコン盗難(私有パソコンの入ったかばんを車に積んだまま駐車していて盗難) 
0111: 厚生労働省: 医療法施行・規則改正案(医療機関の機能情報を都道府県を通じて住民らに公表する制度を創設歯科診療所は32項目)
0111: 岡山大学補綴科: 萌出途上の人の歯の根元から新たな幹細胞を発見
0105: 厚生労働省: 75歳以上の高齢者の外来診療について、「定額制」を導入する方針を固めた。

統計表示