混合診療

 

最終更新日 2017/09/13 DscyOffice Top
当サイトの御利用上の注意  
       

★ 具体的に混合診療禁止を明文化した規則は有りませんが、一般的には「特定療養費制度の反対解釈として混合診療禁止のルールが存在する。」と言われています。そして混合診療とは「初診から治療の終了に至る一連の診療行為の中に、保険のきく診療行為と保険のきかない診療を混在させてはならない。」ということのようです。一連の診療行為とは、一般には同一病名に対する処置と考えれば良いでしょう。
 でも、これらはローカルルールも多そうですから注意が必要です。

★ 歯内療法まで保険 → 補綴物は私費 は、OK。

★ 歯内療法まで保険 → コアは私費 → 補綴物は保険 は不可。

★ レーザーの使用などにおける特別料金の徴収は完全に自費診療に移行した場合には徴収可であるが、保険との同時進行における徴収は不可。

★ 歯内療法まで保険 → 私費のBr(冠)装着 → 保険の義歯装着 は、OK。

★ インプラントの術前検査は混合診療となるので保険算定不可。

 

統計表示