歯科医師国家試験

 

最終更新日 2017/03/17

DscyOffice Top

当サイトの御利用上の注意

歯学教育関連資料集

▲スポンサーサイト▲ ▲スポンサーサイト▲

★ 170317: 第110回歯科医師国家試験の合格発表
・ 新卒者: 76.9%(受験者数1,855人・合格者数1,426人)
・ 全体: 65.0%(受験者数3,049人・合格者数1,983人)

★ 160318: 第109回歯科医師国家試験の合格発表
・ 新卒者: 72.9%(受験者数1969人・合格者数1436人)
・ 全体: 63.6%(受験者数3103人・合格者数1973人)

★ 150708: 第109回歯科医師国家試験
・ 試験日: 平成28年1月30日(土曜日)及び31日(日曜日)
・ 合格発表: 平成28年3月18日(金曜日)午後2時に厚生労働省及び地方厚生局にその受験地、受験番号を掲示して発表する。
・ 受験手続き: 受験に関する書類は、平成27年11月2日(月曜日)から同年11月30日(月曜日)までに試験地を管轄する地方厚生局に提出すること。
・ 詳細: 厚生労働省

★ 150512: 第108回歯科医師国家試験問題および正答について 厚生労働省発表

★ 150318: 第108回歯科医師国家試験合格発表
・ 第108回歯科医師国家試験の合格発表日は平成27年3月18日(14時)です。情報が入り次第UP予定です。
合格率: 63.8%(受験者数3,138人、合格者数2,003人)
内新卒: 73.0%(受験者数1,995人、合格者数1,457人)
※ 問題は、6年で卒業して1回で国家試験をパスする割合で、今年のデータはまだ出ていませんが過去のデータはこちら

【以下は速報値】
・ 北海道大: 78.1%(新卒89.4%、既卒47.1%)
・ 東北大: 71.9%(新卒75.5%、既卒54.5%)
・ 東京医科歯科: 81.7%(新卒84.3%、既卒75.0%)
・ 新潟大学: 60.7%(新卒67.4%、既卒30.0%)
・ 大阪大学: 77.8%(新卒84.6%、既卒45.5%)
・ 岡山大学: 80.0%(新卒87.8%、既卒45.5%)
・ 広島大学: 75.8%(新卒81.1%、既卒53.8%)
・ 徳島大学: 71.9%(新卒76.7%、既卒57.1%)
・ 九州大学: 76.3%(新卒81.6%、既卒50.0%)
・ 長崎大学: 72.5%(新卒75.7%、既卒64.3%)
・ 鹿児島大学: 78.3%(新卒84.3%、既卒44.4%)
【国立計】 75.3%(新卒81.0%、既卒53.6%)
・ 九州歯科: 77.7%(新卒87.1%、既卒48.1%)
【公立計】 77.7%(新卒%、既卒48.1%)
・ 北海道医療大学: 63.6%(新卒63.5%、既卒63.6%)
・ 岩手医科大: 49.5%(新卒63.8%、既卒36.0%)
・ 奥羽大学: 38.7%(新卒38.1%、既卒39.0%)
・ 明海大学: 59.3%(新卒63.1%、既卒51.3%)
・ 日大松戸: 65.7%(新卒73.0%、既卒53.7%)
・ 東京歯科大: 93.5%(新卒94.0%、既卒85.7%)
・ 日本歯科大: 64.2%(新卒65.7%、既卒61.1%)
・ 日本大学: 70.1%(新卒77.8%、既卒61.0%)
・ 昭和大学: 76.0%(新卒79.2%、既卒64.0%)
・ I見大学: 55.0%(新卒66.1%、既卒46.2%)
・ 神奈川歯科大: 66.4%(新卒80.0%、既卒50.6%)
・ 日本歯科新潟: 53.9%(新卒60.3%、既卒44.7%)
・ 松本歯科大: 26.4%(新卒34.0%、既卒26.1%)
・ 愛知学院大: 66.9%(新卒69.4%、既卒61.2%)
・ 朝日大学: 54.6%(新卒66.3%、既卒41.7%)
・ 大阪歯科大: 63.6%(新卒77.4%、既卒41.4%)
・ 福岡: 57.0%(新卒64.6%、既卒45.3%)
【私立計】 59.9%(新卒69.1%、既卒46.8%)

# 合格者の区分
・ 第108回歯科医師国家試験合格者
・ 新卒: 1457人(構成比72.7%)
・ 2回目: 377人(18.8%)
・ 3回目: 107人(5.3%)
・ 4回目: 29人(1.4%)
・ 5回目: 12人(0.6%)
・ 6回目: 5人(0.2%)
・ 7回目: 10人(0.5%)
・ 8回目: 1人(0.0%)
・ 9回目: 2人(0.1%)
・ 10回目以上: 3人(0.1%)

★ 140812: 第108回歯科医師国家試験
・ 試験日: 平成27年1月31日(土曜日)及び2月1日(日曜日)
・ http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/shikaishi/

★ 140514: 第107回歯科医師国家試験問題および正答について
平成26年2月1日(土)、2日(日)に実施した第107回歯科医師国家試験の問題および正答。【厚生労働省

★ 140318: 第107回歯科医師国家試験合格発表
・ 合格率は63.3%(昨年は71.2%)
・ 新卒者: 出願数(2,656)、受験者数(2,241)、合格者数(1,642)、合格率(73.3%)
・ 既卒者: 出願数(988)、受験者数(959)、合格者数(383)、合格率(39.9%)
・ 全体: 出願数(3,644)、受験者数(3,200)、合格者数(2,025)、合格率(63.3%)
・ 合格者の内、女性の割合は41.0%。最近は40%程度で頭打ちのようですね。

・ 北海道大: 76.4%(新卒85.0%、既卒33.3%)
・ 東北大: 78.9%(新卒87.8%、既卒25.0%)
・ 東京医科歯科: 70.4%(新卒78.3%、既卒27.3%)
・ 新潟大学: 77.3%(新卒89.2%、既卒14.3%)
・ 大阪大学: 82.0%(新卒88.9%、既卒28.6%)
・ 岡山大学: 86.6%(新卒92.9%、既卒54.5%)
・ 広島大学: 80.6%(新卒84.5%、既卒55.6%)
・ 徳島大学: 59.0%(新卒55.7%、既卒33.3%)
・ 九州大学: 84.4%(新卒90.4%、既卒58.3%)
・ 長崎大学: 77.0%(新卒79.2%、既卒62.5%)
・ 鹿児島大学: 82.0%(新卒90.0%、既卒45.5%)
【国立計】 78.3%(新卒85.3%、既卒41.0%)

・ 九州歯科: 75.2%(新卒82.7%、既卒26.7%)
【公立計】 75.2%(新卒82.7%、既卒26.7%)

・ 北海道医療大学: 65.1%(新卒77.0%、既卒37.5%)
・ 岩手医科大: 47.9%(新卒66.7%、既卒26.7%)
・ 奥羽大学: 30.0%(新卒33.0%、既卒25.8%)
・ 明海大学: 68.9%(新卒84.1%、既卒40.4%)
・ 日大松戸: 65.4%(新卒72.3%、既卒54.1%)
・ 東京歯科大: 94.5%(新卒95.1%、既卒80.0%)
・ 日本歯科大: 67.8%(新卒67.8%、既卒67.7%)
・ 日本大学: 53.3%(新卒62.2%、既卒26.2%)
・ 昭和大学: 75.7%(新卒78.3%、既卒65.2%)
・ I見大学: 49.4%(新卒58.2%、既卒35.0%)
・ 神奈川歯科大: 58.7%(新卒62.0%、既卒52.0%)
・ 日本歯科新潟: 58.1%(新卒65.3%、既卒45.2%)
・ 松本歯科大: 23.6%(新卒35.1%、既卒20.0%)
・ 愛知学院大: 69.3%(新卒70.8%、既卒65.0%)
・ 朝日大学: 55.4%(新卒78.2%、既卒27.1%)
・ 大阪歯科大: 63.3%(新卒75.5%、既卒45.3%)
・ 福岡: 59.3%(新卒56.5%、既卒65.1%)
【私立計】 58.6%(新卒68.5%、既卒40.0%)

★ 140201: 第107回歯科医師国家試験
・ 第107回歯科医師国家試験が始まる。合格発表は3月18日午後2時。

★ 130702: 第107回歯科医師国家試験要項
# 平成25年7月1日厚生労働省発表
# 試験期日: 平成26年2月1日(土曜日)及び2日(日曜日)
# 試験地: 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県
# 試験内容: 臨床上必要な歯科医学及び口腔衛生に関して、歯科医師として具有すべき知識及び技能
# 合格発表: 平成26年3月18日(火曜日)午後2時に厚生労働省及び地方厚生局にその受験地、受験番号を掲示して発表する。

★ 130607: 第106回歯科医師国家試験の問題および正答について 
・ 厚生労働省: 参考資料

★ 130319: 第106回歯科医師国家試験の合格発表 
・ 合格率: 71.2%(昨年71.1%)
・ 新卒者: 出願数(2,786)、受験者数(2,373)、合格者数(1,907)、合格率(80.4%)
・ 既卒者: 出願数(978)、受験者数(948)、合格者数(459)、合格率(48.4%)
・ 全体: 出願数(3,764)、受験者数(3,321)、合格者数(2,366)、合格率(71.2%)
※ 北大は良くないなぁ。国公立で唯一70%台の76.6%。
※ ビリは松本の30.3%、ブービーは奥羽の52.8%、僅差で3位は岩手の58.6%。常連かな?
※ Topは東京歯科の96.3%。国立を差し置いて凄いね。
※ 朝日は、新卒は85.0%と頑張っているが、既卒の34.8%が足をひっぱってる。
※ 松本は、既卒が31.1%と新卒の29.0%よりも良いね。

★ 130316: 歯科医師国家試験の合格発表予定
第106回歯科医師国家試験の合格発表は、平成25年3月19日(火)午後2時の予定。

★ 130205: 歯科医師国家試験制度改善検討部会報告書(抜粋)
平成24年4月18日
 
U 歯科医師国家試験問題について (1)出題方法等 <出題数>
現行の歯科医師国家試験の出題総数は365題で、各領域の出題割合をブループリント(歯科医師国家試験設計表)で明示している。
出題総数については現行の数を維持し、必修問題についても合格基準の安定性を確保し、問題の質を担保する観点から現行どおりとする。
 
<出題形式>
平成22年(第103回)試験から、従来のAタイプ(5つの選択肢から1つの正解肢を選ぶ形式)とX2タイプ(5つの選択肢から2つの正解肢を選ぶ形式)に加え、
XXタイプ(正解肢数を指定せずに正解肢を選ぶ形式)が出題されるようになった。
また、平成24年(第105回)試験からLAタイプ(6つ以上の選択肢から1つの正解肢を選ぶ形式)と計算問題(数値を解答させる非選択形式)が採用されている。
XXタイプについては、正しい知識を有しているかをより的確に問うことができるという意見がある一方で、受験者に必要以上の過剰な負担を与えるという指摘もあることから、試験委員会で問題の質や出題数等について十分に検討する。また、LAタイプと計算問題についても問題の質を考慮した出題となるよう留意すべきである。
 
<臨床実地問題>
臨床実地問題は、実技試験に代わって臨床能力を評価する目的で出題されている。
近年、歯科医師国家試験に向けた講義に費やす時間の増加等により、臨床実習が十分に実施されておらず、臨床研修*1開始時における技術能力にばらつきがあるとの指摘があることから、「歯学教育モデル・コア・カリキュラム(平成22年度版)」*2の改訂にあたって「臨床実習の充実」が単独の目標として強調された。
 
歯科医師国家試験における臨床実地問題においても、机上のいわゆる受験テクニックではなく、参加型の臨床実習で得た能力をより適切に評価できる出題を推進し、タクソノミー*3のV型からの出題を増加すべきである。
 
(2)出題基準 <社会的課題への対応>
時代の要請に応え得る歯科医師を確保できるよう、下記の出題について更なる充実を図り、資質向上を促進していく必要がある。
・歯科医師として必要な、高齢者や全身疾患を持つ者等への対応に関する出題(全身疾患、検査及び多職種連携等に関する出題)
・歯科口腔保健の推進に関する法律の制定等を考慮した歯科疾患の予防管理に関する出題
・医療保険・介護保険等を含む現行の社会保障制度に関する出題
・歯科領域から推進する、口腔と全身疾患との関係に関する出題(禁煙指導と支援、食育と食の支援等)
・救急災害時の歯科保健対策・法歯学に関する出題
 
その他、社会問題化している「小児虐待」、「医療安全・感染対策・薬害等」及び「放射線の人体に対する影響等」については継続して出題する。
 
また、平成22年版出題基準に新規導入された「診療に必要な医学英語」についても、医療のグローバル化の進展状況を踏まえ、引き続き出題する。
 
(3)合格基準 <改善の方針>
現在の合格基準は、必修問題、一般問題及び臨床実地問題の出題区分に応じた得点、禁忌肢選択数及び領域別基準点という複数の基準から構成されており、必修問題は絶対基準で、一般問題と臨床実地問題は各々平均点と標準偏差を用いた相対基準を用いて評価している。
相対基準での評価を採用するにあたっては、近年の歯科大学・歯学部入学状況の変化等を踏まえ、受験者の質の変動に左右されず、歯科医師として具有すべき知識・技能を有している者をより適切に評価できるよう改善すべきである。
 
<必要最低点の設定>
合格者の中でも学力格差が広がりつつあるという指摘や、バランスの取れた知識・技能を持った歯科医師が求められていること等から、歯科医師国家試験の領域を構成するグループ別に必ず得点しなければならない最低点を設定すべきである。なお、必要最低点の設定にあたっては、問題数や総得点等に配慮する必要がある。
 
<必修問題の評価方法>
必修問題は、歯科医師として必ず具有すべき基本的な最低限度の知識・臨床能力を有する者を識別する目的で出題されており、絶対基準での評価を継続する。
「必修の基本的事項」は、出題基準で小項目まで設定されているが、この項目に従った出題となるよう試験委員会で十分に精査し、一般問題との区別や必修問題としての妥当性に留意すべきである。
 
<禁忌肢の評価方法>
禁忌肢を含む問題を出題することについては、受験者に必要以上の緊張を与えているとの指摘がある一方で、受験者が安心・安全な歯科医療についての知識を習得するようになり、ひいては歯科医師に対する国民の信頼性が高まるという意見があることから、その是非について過去の試験結果等を参考に慎重な審議を行った。
 
その結果、禁忌肢は、患者に対して重大な障害を与える危険性のある誤った治療(診断)や法律に抵触する行為など誤った知識を持った受験者を識別するという一定の役割を果たしていること等から従来どおり運用することとした。なお、今後も、偶発的な要素で不合格とならないよう出題数や問題の質に配慮するとともに、禁忌肢としての妥当性を試験毎に検証する。
 
V 今後検討すべき課題
(1)出題基準のあり方
出題基準の改定にあたっては、関係者の協力のもと、歯学教育モデル・コア・カリキュラム、共用試験及び卒後臨床研修の一連の整合性を考慮した総合的な検討が必要である。
(2)試験問題の評価
現行においても、正解率や識別指数等を用いて問題の評価を行っているが、更に詳細なデータ(例えば、大学別・問題別正解率等)を分析することにより、全国の歯科大学・歯学部における出題内容の教授の程度を把握する等、より精密な問題の評価を行っていく必要がある。
(3)多数回受験者への対応
卒業から年月が経過するほど合格率が低下する傾向がみられ、歯科医師としての資質が欠落していくことが憂慮されるとの指摘があることから、受験回数制限の必要性について議論されたが、多数回受験者において歯科医師としての資質が欠落しているという明確な根拠がないことから、現状においては、受験回数制限は導入しないこととした。

★ 121121: 厚生労働省は「歯からの身元鑑定力強化」のため、2014年の歯科医師国家試験から「身元確認に関する問題」を出題の方針。

★ 120703: 第106回歯科医師国家試験
 
1 試験期日: 平成25年2月2日(土曜日)及び3日(日曜日)
 
2 試験地: 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県
  
3 試験内容: 臨床上必要な歯科医学及び口腔(くう)衛生に関して、歯科医師として具有すべき知識及び技能
  
4 受験資格
(1) 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学において、歯学の正規の課程を修めて卒業した者(平成25年3月11日(月曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)
(2) 歯科医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び口腔(くう)衛生に関する実地修練を経たもの(平成25年3月11日(月曜日)までに実地修練を終える見込みの者を含む。)
(3) 外国の歯科医学校を卒業し、又は外国で歯科医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有し、かつ、適当と認定したもの
(4)沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令(昭和47年政令第108号)第18条第1項の規定により歯科医師法の規定による歯科医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定したもの
  
5 受験手続
(1)試験を受けようとする者は、次の書類等を提出すること。
ア すべての受験者が提出する書類等
(ア)受験願書
歯科医師法施行規則(昭和23年厚生省令第48号)第3号書式により作成するとともに、受験願書に記載する氏名は、戸籍(日本国籍を有しない者については、在留カード)に記載されている文字を使用すること。
(イ)写真
出願前6月以内に脱帽正面で撮影した縦6センチメ−トル、横4センチメ−トルのもので、その裏面に(シ)の記号、撮影年月日及び氏名を記載し、厚生労働省及び地方厚生局において交付する受験写真用台紙にはり付けた上、同台紙に所定の事項を記入して提出すること。
なお、写真の提出に当たっては、卒業し、若しくは在籍している大学又は地方厚生局において、その写真が受験者本人と相違ない旨の確認を受けること。
(ウ)返信用封筒
縦23.5センチメートル、横12センチメートルのもので、表面に、郵便番号及びあて先を記載し、510円の郵便切手をはり付け、書留の表示をしたもの
イ 4の受験資格の(1)に該当する者が提出する書類
・ 卒業証明書又は卒業見込証明書
この場合、卒業見込証明書を提出した者にあっては、平成25年3月11日(月曜日)午後2時までに卒業証明書を提出すること。
ウ 4の受験資格の(2)に該当する者が提出する書類
歯科医師国家試験予備試験の合格証書の写し(地方厚生局に合格証書の原本を提示し、原本照合を受けたもの)又は合格証明書及び実地修練施設の長の発行する実地修練を終えたことを証する書面又は実地修練を終える見込みであることを証する書面
なお、実地修練を終える見込みであることを証する書面を提出した者にあっては、平成25年3月11日(月曜日)午後2時までに実地修練を終えたことを証する書面を提出すること。 エ 4の受験資格の(3)又は(4)に該当する者が提出する書類
歯科医師国家試験受験資格の認定書の写し(地方厚生局に当該認定書の原本を提示し、原本照合を受けたもの)
(2) 受験に関する書類の受付期間、提出場所等
ア 受験に関する書類は、平成24年11月12日(月曜日)から同年11月30日(金曜日)までに試験地を管轄する地方厚生局に提出すること。
イ 受験に関する書類を直接持参する場合の受付時間は、アの期間中毎日(土曜日、日曜日その他の行政機関の休日を除く。)9時から12時、13時から17時までである。
ウ 受験に関する書類を郵送する場合は、書留郵便をもって送付すること。この場合、平成24年11月30日(金曜日)までの消印のあるものに限り受け付ける。
エ 受験に関する書類を受理した後は、受験に関する書類の返還及び受験地の変更は認めない。
(3) 書類の提出については次のことに注意すること。
ア 4の受験資格の(1)に該当する者で卒業見込証明書を提出したものにあっては、平成25年3月11日(月曜日)午後2時までに卒業証明書の提出がなされないときは、当該受験は無効とする。
イ 4の受験資格の(2)に該当する者で、実地修練を終える見込みであることを証する書面を提出したものにあっては、平成25年3月11日(月曜日)午後2時までに実地修練を終えたことを証する書面の提出がないときは、当該受験は無効とする。
(4) 受験手数料
ア 受験手数料は、18,900円とし、受験手数料の額に相当する収入印紙を受験願書にはることにより納付すること。この場合、収入印紙は消印しないこと。
イ 受験に関する書類を受理した後は、受験手数料は返還しない。
(5) 受験票の交付
受験票は、郵送により交付する。なお、平成25年1月28日(月曜日)までに受験票が到着しない場合は、受験に関する書類を提出した地方厚生局に問い合わせること。
  
6 合格者の発表
試験の合格者は、平成25年3月19日(火曜日)午後2時に厚生労働省及び地方厚生局にその受験地、受験番号を掲示して発表する。

★ 120421: 第105回歯科医師国家試験問題および正答について(厚生労働省

★ 120420: 歯科医師国家試験制度改善検討部会報告書
 
歯科医師国家試験制度改善検討部会報告書について【厚生労働省】平成24年4月18日
 
【抜粋】
・ 出題数: 現行の歯科医師国家試験の出題総数は365題で、各領域の出題割合をブループリント(歯科医師国家試験設計表)で明示している。
 出題総数については現行の数を維持し、必修問題についても合格基準の安定性を確保し、問題の質を担保する観点から現行どおりとする。
    
・ 出題形式: 平成22年(第103回)試験から、従来のAタイプ(5つの選択肢から1つの正解肢を選ぶ形式)とX2タイプ(5つの選択肢から2つの正解肢を選ぶ形式)に加え、XXタイプ(正解肢数を指定せずに正解肢を選ぶ形式)が出題されるようになった。
また、平成24年(第105回)試験からLAタイプ(6つ以上の選択肢から1つの正解肢を選ぶ形式)と計算問題(数値を解答させる非選択形式)が採用されている。XXタイプについては、正しい知識を有しているかをより的確に問うことができるという意見がある一方で、受験者に必要以上の過剰な負担を与えるという指摘もあることから、試験委員会で問題の質や出題数等について十分に検討する。また、LAタイプと計算問題についても問題の質を考慮した出題となるよう留意すべきである。
  
・ 臨床実地問題: 臨床実地問題は、実技試験に代わって臨床能力を評価する目的で出題されている。
近年、歯科医師国家試験に向けた講義に費やす時間の増加等により、臨床実習が十分に実施されておらず、臨床研修開始時における技術能力にばらつきがあるとの指摘があることから、「歯学教育モデル・コア・カリキュラム(平成22年度版)」の改訂にあたって「臨床実習の充実」が単独の目標として強調された。
歯科医師国家試験における臨床実地問題においても、机上のいわゆる受験テクニックではなく、参加型の臨床実習で得た能力をより適切に評価できる出題を推進し、タクソノミーのV型からの出題を増加すべきである。
  
・ 合格基準: 現在の合格基準は、必修問題、一般問題及び臨床実地問題の出題区分に応じた得点、禁忌肢選択数及び領域別基準点という複数の基準から構成されており、必修問題は絶対基準で、一般問題と臨床実地問題は各々平均点と標準偏差を用いた相対基準を用いて評価している。
相対基準での評価を採用するにあたっては、近年の歯科大学・歯学部入学状況の変化等を踏まえ、受験者の質の変動に左右されず、歯科医師として具有すべき知識・技能を有している者をより適切に評価できるよう改善すべきである。
  
・ 必要最低点の設定>
合格者の中でも学力格差が広がりつつあるという指摘や、バランスの取れた知識・技能を持った歯科医師が求められていること等から、歯科医師国家試験の領域を構成するグループ別に必ず得点しなければならない最低点を設定すべきである。なお、必要最低点の設定にあたっては、問題数や総得点等に配慮する必要がある。
  
# 今後検討すべき課題
・ 出題基準のあり方
・ 試験問題の評価
・ 多数回受験者への対応
卒業から年月が経過するほど合格率が低下する傾向がみられ、歯科医師としての資質が欠落していくことが憂慮されるとの指摘があることから、受験回数制限の必要性について議論されたが、多数回受験者において歯科医師としての資質が欠落しているという明確な根拠がないことから、現状においては、受験回数制限は導入しないこととした。
  
# 本検討部会で提言された改善すべき事項については、医道審議会歯科医師分科会の意見及び出題基準の改定状況を踏まえつつ、平成26年(第107回)試験からの運用を目指して改善すべきである。

★ 第105回歯科医師国家試験合格者速報: 平成24年3月19日: 厚生労働省発表合格者

合格率71.1%(受験者数3,326人、合格者数2,364人) 

★ 100714: 第104回歯科医師国家試験要項
1 試験期日平成23年2月5日(土曜日)及び6日(日曜日)
2 試験地北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県
3 試験内容臨床上必要な歯科医学及び口腔くう衛生に関して、歯科医師として具有すべき知識及び技能

★ 090704: 第103回歯科医師国家試験要項
# 試験期日: 平成22年2月6日(土)〜7日(日)
# 試験地: 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、福岡県 。
# 試験内容: 臨床上必要な歯科医学及び口腔衛生に関して、歯科医師として具有すべき知識及び技能 。
# 受験資格: 種々ありますが、取り合えず学校教育法に基づく大学において歯科の正規の課程を卒業した者、又は平成22年3月25日まで卒業見込みのもの。
# 受験願書の受付期間: 平成21年11月16日(木)〜12月4日(金)。試験地を管轄する地方厚生局に提出する。
# 受験手数料: 18,900円。
# 合格発表: 平成22年3月29日(月)、午後2時。

★ 090530: 平成22年版歯科医師国家試験出題基準について (厚生労働省

★ 第102回歯科医師国家試験合格者速報: 平成21年3月27日: 

  出願者数 受験者数 合格者数 合格率
新卒者 2,846人 2,516人 1,915人 76.1%
全 体 3,878人 3,531人 2,383人 67.5%

★ 第103回歯科医師国家試験合格者速報: 平成22年3月29日: 

  出願者数 受験者数 合格者数 合格率
新卒者 2,772人 2,355人 1,921人 81.6%
全 体 3,905人 3,465人 2,408人 69.5%

★ 第104回歯科医師国家試験合格者速報: 平成23年3月22日: 

  出願者数 受験者数 合格者数 合格率
新卒者 2,356人 1,928人 81.8%
全 体 3,378人 2,400人 71.0%

【厚生労働省資料】

● 平成27年(第108回)歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報

● 平成26年(第107回)歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報 

● 平成25年(第106回)歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報 

● 平成24年(第105回)歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報 

● 平成23年(第104回)歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報 

● 平成22年(第103回)歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報 

● 平成21年(第102回)歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報 

● 平成20年(第101回)歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報

● 平成19年(第100回)歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報

● 平成17年歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報

● 平成16年歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報

● 平成15年歯科医師国家試験合格者 概要 合格者速報

● 平成14年歯科医師国家試験合格者  合格率

★ 各年度の歯科医師国家試験の合格率

回数 施行年月 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%) 女性の割合(%) 歯科大学 歯科大学志願者数等推移
定員 入学者 入学者率 女性の割合(%) 定員 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
  35.4         690 799 115.8% 14.4%          
  40.4         1,140 1,443 126.6% 12.8%          
  45.4         1,460 2,139 146.5% 18.7%          
  50.4         2,220 3,066 138.1% 16.6%          
  55.4         3,360 3,512 104.5% 17.3%          
  56.4         3,380 3,478 102.9% 19.3%          
  57.4         3,380 3,481 103.0% 18.4%          
  58.4         3,380 3,452 102.1% 19.8%          
  59.4         3,380 3,395 100.4% 20.5%          
  60.4         3,380 3,252 96.2% 22.5%          
  61.4         3,273 3,146 96.1% 22.5%          
80 62.4 3,668 3,361 91.6   3,065 3,178 103.8% 24.7%          
81 63.4 3,531 2,979 84.4   2,940 3,018 102.7% 24.9%          
82 元.4 3,851 3,576 92.9   2,732 2,955 108.2% 25.2%          
83 2.4 3,419 2,901 84.8   2,732 2,751 100.7% 29.8%          
84 3.4 3,585 3,249 90.6   2,722 2,723 100.0% 32.2%          
85 4.4 3,308 2,762 83.5   2,722 2,616 96.1% 32.5%          
86 5.3 3,570 3,231 90.5   2,720 2,737 100.6% 34.4%          
87 6.3 3,382 2,998 88.6   2,714 2,714 100.0% 35.7%          
88 7.3 3,153 2,765 87.7   2,714 2,709 99.8% 36.1%          
89 8.3 3,176 2,857 90.0   2,714 2,722 100.3% 35.6%          
90 9.3 3,083 2,710 87.9   2,716 2,729 100.5% 38.5%          
91 10.3 3,017 2,655 88.0   2,714 2,718 100.1% 36.2%          
92 11.3 3,056 2,544 83.6   2,705 2,696 99.7% 32.9%          
93 12.3 3,014 2,102 69.7 36.4 2,697 2,662 98.7% 37.0%          
94 13.3 3,445 3,125 90.7 36.2 2,697 2,662 98.7% 37.5%          
95 14.3 2,956 2,462 83.3 37.4 2,692 2,663 98.9% 36.9%          
96 15.3 3,208 2,932 91.4 37.9 2,682 2,656 99.0% 37.8%          
97 16.3 2,960 2,197 74.2 38.3 2,667 2,623 98.4% 37.6% 2,622 16,465 14,350 3,629 3.95
98 17.3  3,343 2,493 74.6 35.8 2,667 2,625 98.4% 36.3% 2,622 16,278 14,158 3,626 3.90
99 18.2  3,308 2,673 80.8 37.1 2,667 2,630 98.6% 38.1% 2,622 15,424 13,296 3,776 3.52
100 19.2 3,200 2,375 74.2 33.9 2,657 2,597 97.7% 39.1% 2,612 14,682 12,594 3,843 3.28
101 20.2 3,295 2,269 68.9 38.5 2,657 2,530 95.2% 37.2% 2,612 12,365 10,370 4,039 2.57
102 21.2 3,531 2,383 67.5

40.9

                 
103 22.2 3,465 2,408 69.5                    
104 23.2 3,378 2,400 71.0                    
105 24.3 3,326 2,364 71.1                    
106 25.2 3,321 2,366 71.2                    
107 26.2                          
           

左右の「定員」の数字が異なるのは編入などの要因か?

★ 歯科医師国家試験の大学別合格率(転記ミスがありましたら、すみませんm(_ _)m)
* ( )内の数字は新卒の合格率

■ 

H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25

95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106

                       以下速報値で、間違いがあったら済みませんm(_ _)mm(_ _)m↓↓↓↓                           

北海道大学歯学部 90.2 95.5 91.0 80.7 87.8 95.0 91.2(92.6) 87.5(86.7) 89.6
(89.8)
83.1
(86.4)
84.4
(90.6)
76.6(83.3)
東北大学歯学部 96.4 97.0 90.0 81.0 90.8 80.3 83.6(87.0) 71.2(75.5) 84.8
(95.9)
86.2
(93.9)
90.2
(94.5)
東京医科歯科大学歯学部 94.3 97.1 93.8 88.1 93.4 90.5 74.0(77.6) 83.5(88.5) 83.1
(85.5)
91.5
(91.5)
89.9
(90.5)
新潟大学歯学部 91.9 97.0 89.3 88.1 91.0 91.1 84.2(88.5) 81.0(88.9) 90.4
(97.6)
83.3
(88.6)
83.0
(88.9)
大阪大学歯学部 94.6 100.0 82.1 93.2 94.2 88.7 85.9(85.9) 90.4(92.1) 89.6
(93.4)
86.4
(86.4)
90.8
(94.6)
岡山大学歯学部 92.5 94.7 90.4 86.8 86.8 90.4 79.7(79.6) 89.3(91.8) 95.1
(96.4)
85.5
(84.7)
76.5
(79.3)
広島大学歯学部 94.4 98.4 90.7 93.9 87.9 86.2 77.3(84.5) 81.6(82.0) 73.8
(86.5)
88.9
(100.0)
86.2
(94.7)
徳島大学歯学部 88.2 93.5 87.9 81.9 80.8 84.7 90.0(98.0) 80.6(86.2) 85.0
(95.7)
73.3
(81.1)
74.6
(83.3)
九州大学歯学部 90.0 97.2 91.2 88.1 95.5 86.7 66.2(70.2) 82.7(83.3) 84.4
(86.3)
93.2
(95.2)
85.9
(88.1)
長崎大学歯学部 96.6 94.5 81.3 90.5 88.4 80.3 83.8(87.5) 78.0(85.4) 87.0
(91.1)
82.0
(88.5)
84.5
(91.5)
鹿児島大学歯学部 82.8 94.5 68.8 75.0 93.3 88.2 84.7(88.9) 83.1(91.7) 84.8
(88.5)
75.4
(82.7)
80.6
(92.0)
九州歯科大学 91.5 96.1 82.6 80.9 90.0 89.2 79.8(83.5) 68.3(77.1) 84.7
(93.2)
86.5
(93.5)
73.5
(80.7)
北海道医療大学歯学部 89.5 91.8 78.4 82.5 70.0 72.3 60.3(69.7) 62.7(69.8) 60.8
(75.7)
63.5
(75.3)
65.0
(82.3)
岩手医科大学歯学部 77.1 79.8 57.6 64.0 76.7 53.7 55.6(63.2) 48.7(59.0) 49.6
(63.0)
52.3
(64.8)
58.2
(77.4)
58.6
奥羽大学歯学部 65.9 89.4 65.6 63.3 65.6 58.3 40.4(47.8) 51.3(65.8) 50.7
(59.8)
62.7
(79.2)
56.9
(67.6)
52.8
明海大学歯学部 75.4 94.9 78.7 78.5 82.9 82.6 67.2(78.1) 59.9(62.6) 58.4
(64.5)
76.2
(88.5)
70.6
(80.0)
日本大学松戸歯学部 86.5 94.1 83.0 78.8 88.7 72.5 72.7(78.4) 71.0(76.9) 69.4
(78.8)
72.8
(78.1)
81.9
(88.6)
東京歯科大学 93.4 98.4 89.0 85.3 90.8 90.2 85.6(86.5) 87.1(88.2) 90.0
(93.4)
82.6
(86.4)
97.4
(98.4)
日本歯科大学 80.2 95.4 66.9 72.9 83.3 78.1 77.0(83.8) 79.1(84.4) 79.7
(88.6)
76.5
(82.9)
82.7
(87.4)
日本大学歯学部 89.7 93.7 80.0 85.1 85.3 87.3 82.6(88.1) 68.5(74.0) 76.9
(83.7)
65.2
(73.7)
75.0
(76.3)
昭和大学歯学部 80.7 89.1 83.6 81.5 90.2 87.7 68.4(71.8) 76.2(83.2) 74.8
(79.8)
76.8
(81.7)
78.2
(82.5)
鶴見大学歯学部 76.7 81.4 56.1 69.6 80.1 61.1 59.9(72.5) 57.7(63.4) 57.1
(77.0)
64.3
(77.0)
63.9
(81.3)
神奈川歯科大学 79.4 85.0 56.0 59.2 72.6 71.2 57.7(73.2) 64.2(80.9) 65.0
(71.8)
66.9
(72.4)
61.5
(69.3)
日本歯科大学新潟歯学部 77.2 87.5 55.5 59.5 74.3 57.3 65.7(86.3) 61.3(78.1) 70.8
(86.1)
66.3
(86.2)
66.0
(73.9)
松本歯科大学 66.9 74.8 40.1 44.2 52.9 41.7 47.2(65.8) 32.5(40.9) 34.9
(59.1)
41.6
(73.1)
32.8
(50.0)
30.3
愛知学院大学歯学部 91.0 95.2 87.1 86.9 83.7 88.4 84.3(91.0) 79.5(85.5) 72.2
(76.2)
79.0
(89.5)
77.8
(83.2)
朝日大学歯学部 83.6 91.2 72.5 75.7 77.3 56.9 56.8(61.8) 53.3(57.9) 56.5
(77.7)
59.3
(68.9)
65.3
(79.1)
大阪歯科大学 69.9 87.0 56.6 66.3 72.6 61.0 62.2(76.3) 61.6(71.7) 65.8
(81.1)
66.3
(79.0)
49.0
(64.0)
福岡歯科大学 87.0 98.3 87.0 63.9 76.4 70.7 62.9(74.2) 76.0(88.9) 80.5
(84.0)
67.2
(72.2)
67.3
(72.6)

■ 第99回歯科医師国家試験問題および解答について(厚生労働省)

■ 第100回歯科医師国家試験問題および解答について(厚生労働省)

■ 第101回歯科医師国家試験問題および解答について(厚生労働省)

■ 第102回歯科医師国家試験問題および解答について(厚生労働省) 
 

統計表示