カルシペックス
Top 最終更新日 2019/07/24

■ カルシペックス供Εルシペックスプレーン

【注意】 
・ 付属品のニシカスピンの再利用禁止

【禁忌・禁止】
・ 本材に対して発疹・皮膚炎などの過敏症の既往歴のある患者には、使用しないこと。
・ 本材を根尖孔(瘻孔、穿孔を含む)より溢出させないこと。

【成分】
・ 水酸化カルシウム、硫酸バリウム(プレーンには含まれない)、精製水、その他。

【使用目的】
・ 歯科用暫間根管充填材料
※ 覆罩には使えないんだろうか?Q&Aにはあるけどね

【使用法】
・ 付属のニシカスピンあるいはレンツロ等を用いてペーストを充填します。ペーパーポイント等に塗布して根管内に挿入することも可能です。
・ 根尖孔まで拡大した最終ファイルによるファイリング操作とEDTA水溶液(「スメアクリーン」など)及び次亜塩素酸ナトリウム水溶液による洗浄を併用して除去してください。超音波洗浄を併用すると簡単に除去できます。

【使用上の注意】
・ ニシカスピンは先端10mm、根本3mmは折り曲げ禁止。
・ 硬化しないのでシーラーとしては使用しないこと。
・ 根尖孔から溢出させないこと。

【保存方法】
・ 室温(1〜30度)で保存すること。

【カルシペックス供Εルシペックスプレーン兇裡僉Aより】

・ カルシペックスは基材に水を使用した水酸化カルシウムペーストでpH12.4。

・ 生体親和性がある。根尖歯周組織に対して低刺激性で、成分は吸収されるため根尖病巣の治癒や硬組織形成を阻害しない。

・ 効果が長期間持続する。

・ 効果
 ゞアルカリによる最近、変性歯髄など抗原となりえる有機質の溶解。
◆.▲襯リイオンによる酸性に傾いた炎症組織の中和。
 カルシウムイオンによる毛細血管の収縮。

・ 適用期間の目安は1〜2週間。ただし、暫間根管充填の場合には充填を1〜2ヶ月に1回行い、数ヶ月経過をみる。

・ 生活歯髄切断や直接覆罩の場合には、経過を見ながら必要に応じて再度適用する。

・ 急性症状がある場合には使用しないこと。

・ シリンジ1本で約20根管使用可能。 

統計表示Copyright (C)1997- DscyOffice