運転禁止薬
Top 最終更新日 2019/07/24

■ 処方箋を発行の歯科医院では、調剤薬局に丸投げというところもあるでしょうが、診療時に処方時に患者さんから尋ねられるということもあるでしょうから、大体の把握は必要ですね。

【一例】 チャンピックス
2. 重要な基本的注意
めまい、傾眠、意識障害等があらわれ、自動車事故に至った例も報告されているので、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。[「副作用」の項参照]

■ サワシリン: 運転禁止の記載なし。ただし「眠気」の副作用の記載あり、注意。【19/05/27:確認】

■ ジスロマック: 意識障害等があらわれることがあるので、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意するよう患者に十分に説明すること。また「傾眠」の副作用の記載あり。【19/05/27:確認】


■ ロキソニン: 運転禁止の記載なし。ただし「眠気(0.10%)等」の副作用の記載あり、注意。【19/05/27:確認】

■ カロナール: 運転禁止の記載なし。ただし、【臨床成績】に「軽度の眠気」の記載あり注意。【19/05/27:確認】

 

統計表示Copyright (C)1997- DscyOffice