FG
Top 最終更新日 2019/08/27

■ ホルマリン・グアヤコール  FG「ネオ」【平成29年9月20日現在・抜粋】

【劇薬】
保管に注意

【禁忌】
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

【組成・性状】
100ml中に次の成分を含有する。 ホルマリン40ml+グアヤコール40ml+エタノール。

【効能・効果】
齲窩、抜髄根管及び感染根管の殺菌・消毒。

【用法・用量】
通法に従って齲窩及び根管を拡大、清掃後、滅菌小綿 球又は綿栓などを用いて、適量を齲窩及び根管内に挿入し、仮封し、数日間作用させる

【使用上の注意】

1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
患歯根端( 尖) 部に急性炎症性病巣のある患者[症 状が悪化するおそれがある。]

2.重要な基本的注意
本剤は組織刺激性が強く、歯根膜炎を起こす場合が あるので、注意して使用すること。

3.相互作用
併用注意(併用に注意すること)
本剤を塩化鉄( ) 液、酸化クロム( ) 液、硝酸銀 液等と併用する場合には、変色又は沈殿を生じ、薬効が減じるので注意すること。 

4.副作用

(1)  重大な副作用
ショック、アナフィラキシー(頻度不明)
ショック、アナフィラキシーがあらわれることが あるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、そう痒、 呼吸困難、血圧低下等の異常が認められた場合に は、適切な処置を行うこと。

(2)  その他の副作用
過敏症(頻度不明)
過敏症状があらわれることがあるので、このよう な場合には、使用を中止し、適切な処置を行うこ と。

5.適用上の注意

(1)  軟組織に対し局所作用をあらわすので、口腔粘膜 等に付着させないよう配慮すること。したがっ て、使用に際してはラバーダム防湿等を行うこ と。

(2)  軟組織に付着した場合には、直ちに清拭し、消毒 用エタノール、グリセリン、植物油等で清拭する か、又は多量の水で洗うなど適切な処置を行うこ と。また、手指等に付着した場合には、石けん等を用 いて水又は温湯で洗浄すること。万一眼に入った場合には、直ちに多量の水で洗浄 する等の適切な処置を行うこと。

(3)  歯科用にのみ使用すること。

【薬効薬理】 

本剤はFCに優るとも劣らない抗菌力を示し、ガス体 においても強力な抗菌力と有機物への強い浸透性を有する。 また、製造日に約3年の差を有する本剤の抗菌力及び 急性毒性を比較したところ、ほとんど差を認めず、長 期にわたる安定性が立証されている)。 本剤は優秀な蛋白凝固性を示すと同時に、病理組織学的に歯髄及び歯周組織に対する為害性が極めて少なく、 齲窩、抜髄根管及び感染根管に応用された場合、不快症状の発現が少なく、優れた殺菌・消毒効果が確認さ れている。

統計表示Copyright (C)1997- DscyOffice